2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

無料ブログはココログ

« TARITARI ニコ動配信版 (7/8~10/1) | トップページ | 超訳百人一首 うた恋い。 ニコ動配信版 (7/19~10/8) »

2012年10月10日 (水)

織田信奈の野望 ニコ動配信版 (7/19~10/1)

 この作品も私的ダークホースのひとつではあるんですけど、ちょっと弱めかな?
 普通は手を出さないカテゴリの作品なんですけど、なんとなく観てたらハマっちゃいました的な?(笑)

 戦国時代を舞台にした作品って、色々なパターンで作られていますけど、この作品は「主だった武将達が少女(幼女)」になってしまっています!(ぉぃ)
 男性の大きなお友達をとても意識した作品だと思いますけど、もうイチイチあざといというか、「こんなの有り得ないだろ!」と思わず突っ込まずにはいられない無茶なキャラ設定がもうなんとも…、トホホな感じです(苦笑)。

 しかしです。 困ったことに作画が異常なほど良くて綺麗でスピーディに動くんですよ。
 なんか色々と使い方間違ってるんじゃないか?と思う程で、勿体なく感じます…。

 主人公相良良晴は戦国ゲームヲタクで、理由は解からないけど戦国時代に飛ばされて木下藤吉郎に拾われていたけど、藤吉郎が死んでしまい、その代わりとして戦国の世を生きる羽目になる、という出だしから~、織田信長が女の子で信奈ちゃんになってしまっていて、主人公と女信長とラブラブしながら天下統一を目指す!というヒドイ凄いストーリーになっています。
 で、周囲を固める明智光秀や柴田勝家がことごとく女子化していて、ハーレム状態になっています。
 対して敵方に回る武将は殆どそのままなんですけど、まあその辺りは大人の事情…ではなく、あざとい設定ですね(笑)

 ゲームの知識で史実を覚えている主人公が、それを利用してアレコレ手を打って織田勢を勝利に導き、織田軍の中核に登り詰め、信奈とイイ関係になって行くのはまあ良いとして?、歴史干渉を立て続けにやるものだから当然パラドックスが発生して妙な方向へ逸れて行くというお約束も盛り込まれています。
 が、かなり甘いです。 その辺りの設定。 タイムパラドックス舐めんな!(笑)

 良晴個人の取り巻きも形成されますが、こともあろうに竹中半兵衛や五右衛門、ねねも幼稚園児くらいの年齢で、ニコ動で付いたあだ名が相良幼稚園とか…。 ないよ…ありえない…。

 そんなキャラ設定的には無茶苦茶な作品なんですけど、一応ストーリーの本筋自体は、信奈に天下を取らせようとする良晴の一途な思いと、そんな良晴に惹かれる信奈の恋愛模様をメインにしたラブコメ?となっています。
 一応各エピソードも史実をベースにしたものですけど、細部はまあ殆ど創作になってしまっています。 まあ無理もないです(笑)

 原作が何かすら知らずに観ていた訳ですけど、元が膨大なお話なので、当然1クールで収まり切る訳はなく、「続きは2期目で!」という終わり方をしてますけど、京を平定したところで綺麗に切ってあります。
 来年になったらあるんでしょうけど、ちょっとだけ楽しみにしておきます。

 見所はあざとさ全開なキャラの存在と、無駄にハイクオリティな作画という困った取り合わせですけど、これが次も続くと良いですね…。

 あとは2期目以降、パラドックスの発動が広範囲になり、果たして本能寺の変は起こるのか?という辺りが目玉になってくると思いますけど、光秀の扱いが微妙な感じなので、黒幕が違う人物、という設定で起こるのかもしれません。
 ただ信奈が死んでしまったら、そこでお話が終わってしまうので…(以下自重)。

 ということで、カワイイ女の子の武将姿が好きなお方(居るのか?)、ロリ●ンな方にはおススメな作品です。

 

« TARITARI ニコ動配信版 (7/8~10/1) | トップページ | 超訳百人一首 うた恋い。 ニコ動配信版 (7/19~10/8) »

アニメ雑感2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 織田信奈の野望 ニコ動配信版 (7/19~10/1):

« TARITARI ニコ動配信版 (7/8~10/1) | トップページ | 超訳百人一首 うた恋い。 ニコ動配信版 (7/19~10/8) »