2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年4月の記事

2012年4月16日 (月)

2012年春アニメ

 いや~なんて時間まで起きてるんでしょう(笑)
 実はけっこうこのくらいまで起きてること多いんですけどね、お肌に悪いったらありゃしない…。

 今年の春アニメも続々と始まっていますけど、TV放映のものは観れない私のこと、いつものようにニコ動頼みですけど、今のところ…

 這いよれ!ニャル子さん
 謎の彼女X
 緋色の欠片
 ZETMAN
 夏色キセキ
 めだかボックス

 と観てみました。これが春の配信全部かな?
 さっき見たらCANAANの配信が始まってて驚きましたけど、こちらは視聴済みなのでパスしますです。

 ファースト・インプレッションとしては上の2作がぶっ飛んでいて面白い?!です。
 どちらもなんというか、普通じゃないキャラの作品で、特に謎の彼女Xはヒロインがサイコっぽいというか、ほとんど病気です(笑)
 ニャル子さんは萌え萌え全開な感じですけど、ちょっとダークな感じのキャラ立て?ただ小ネタ満載でヲタク好みな作りなので、私にはこの先ちょっと荷が重くなって来るかもしれません。
 この2作品とも、異様に時間経過が遅く感じるのが不思議です(笑)

 緋色の欠片はBRAVE10と似たような作風の作品ですね。 設定とか全く異なりますけどターゲットが同じ層(大きな女の子向けってことですw)なので雰囲気が同じです。
 どうもこの手の作品って私は反りが合わないというか、直ぐ飽きてしまって途中で観なくなってしまうんですけど、既に2話目の配信を観る気力が…(苦笑)
 どうしてかなぁ~、脚本の薄さが原因のような気がしますけど、まあ謎ということで…。

 ZETMANは重そうな内容で、2話まで観ましたけど、なんか観ていて辛い…。
 なんとなくタツノコっぽいというか、アメコミを日本で作ったらこうなりましたみたいな感じ?
 熱血キャラが悪に立ち向かう的な感じでもありますけど、まだチョット判らないですね。
 どん底生活を送っている主人公と大財閥の御曹司と令嬢、どちらも正義を行使したいと思いながらも、まみえることの無い方向性に突き進んで交錯するストーリーという感じでしょうか?
 途中で挫折するかも…。

 夏色キセキは最近よくある女の子4人組みモノですけど、イキナリ仲違いして1人は転校するとかなんとか、挙句に空を飛んじゃうなんていうファンタジー展開、しかもサンライズ制作?!
 そのうちロボットに乗って侵略者と戦い始めるんじゃないかと思ってしまいそうですけど(笑)、どんなお話なんでしょうね??

 めだかボックスは少年漫画的展開の萌えアニメかなぁ?
 明確なストーリーでお気楽に観れますけど、それだけって感じです。

 TV放映されている作品にも気になるものがありますけど、それはメディア版が出てからのお楽しみ、ということで。
 今期の予想としては上の2作が生き残ると予想します(笑)

 あと前期からの継続組はモーレツ宇宙海賊のみとなりました。
 アクエリオンEVOLは途中何話か飛ばしてしまったのでリタイアです…。
 メディアで揃ったら観直してみます。その前に前作を観てみようかしら??
 モーパイはBDで揃える予定で、毎回楽しみに配信動画も観ています。

2012年4月15日 (日)

花咲くいろは (4/6~15)

 昨年幾つかあったオリジナル・ストーリーの良作アニメの一つですね。
 ニコ動配信を観終わった後で一度記事を書こうかと思ったんですけど、その時は忙しさについつい書きそびれてしまいました。
 改めて観直すと新しい発見もあったりして?興味深く観ることが出来ました。

 一応萌えアニメ的なキャラ設定や絵柄ではありますけど、この作品では恋愛要素を排除せず、主人公の東京時代の彼氏?との双方一方通行の片思い、そこに喜翆荘面々が絡んでの三角関係があったり?と設定的には昼ドラのようなドロドロとした愛憎劇になりそうな不吉なものもありましたけど、まあそんなことにはなりませんでした。

 構成と脚本が岡田磨里さんということで、ちょっと不安なところもあったんですけど、この作品ではポジティブで明るい?方向に終始していたのでホッとしました(笑)
 私の好みとこの方の脚本って、相性が良いのか悪いのかよく解らないですねぇ…。
 凄く好きな時もあれば、どうしようもなく嫌いな時もあります。
 色々書き分け出来る人、というのは良く解るんですけど、波長が合うかどうかは人それぞれというところでしょうか?
 でも実力のある方だとは思います。

 メインのテーマは主人公の緒花を始めとした登場人物達の成長を描くものだと思います。
 緒花の恋模様と、祖母であり女将のスイ、そして母親である皐月との母子3代それぞれの喜翆荘への想いから紡ぎ出されるドラマの数々が後半怒涛のように押し寄せ、物語をクライマックスへ進めて行きます。
 序盤はありがちなキャラを愛でるだけのような軽いノリだったのが、数々の問題を経て次第に熱くなってゆく展開、民子と緒花、そして徹の奇妙な三角関係、女将スイの喜翆荘への、そして子供達へ、従業員への想いから旅館を畳む決心をするくだりは当初の予想を遥かに超えて胸を熱くする展開でした。

 メインが女子高生3人組みということで、萌え要素満点、サービスの入浴シーンも度々登場して、男性ファンのハート鷲掴みな?(笑)演出もありですけど、私的には母子3代の想いの丈がそれぞれ違うにも関わらず、ベクトルが同じ方向に向いていた、というのが良かったですねぇ

 やっぱり、誰がみても貴方達は母娘ですよ!

 と思いましたよ、うん。 まあ架空のキャラではあるんですけどね…(笑)
 周辺のキャラも良い味出していて無駄が無く、無用なキャラは居ないんじゃないかな?と思えるくらいまとまりが良かったです。
 旅館組合の他の旦那さんや女将さんの影はやや薄いですけど、まあこの辺りからはモブ扱いかしら?
 ピント外れで、小生意気な(笑)崇子も結婚と前後して妙にマトモになって来たし、結名ちゃんもただの天然おバカキャラじゃないというところも見せていたし、なんか良い感じでした。

 反面男性キャラのパンチがやや弱く、男性メイン挌の徹にしてもイマイチ押しが弱いというか、空気読めているのか居ないのか、って感じでした。 最後の最後で少し見せてはいましたけど。

 それにしても女性キャラの強さと来たら、脚本が女性ということもあるかと思うんですけど、強いつよい!(笑)
 特にスイさんの魅力と言ったら正にラスボス!に相応しい存在感でストーリーを引っ張っていました。
 対する緒花の迷いながらもストレートな爆走ぶりも見事で、周囲をも巻き込んで突っ走らせるエネルギーは観ている側にも元気を振りまいているようでした。

 個々のキャラクターの描かれ方が鮮烈で瑞々しく、とても好感が持てるのがこの作品の売りの一つだと思います。
 割とキャラの味付けに無頓着な私ではありますけど、この作品ではとても気になるポイントになっていました。

 あと特筆するべきなのは作画の綺麗さと安定感でしょう!
 P.A.WORKSの設立10周年記念作品とのことで、当然気合いが入っていたと思いますけど、背景のリアルかつシャープなことは見事としか言いようがありません。
 時々?と思うことがありましたけど、キャラの安定感も十分じゃないでしょうか? というかこの水準で2クール分維持出来ている作品って稀有な存在だと思います。
 CGを上手に使いながら自然に動きまわるキャラ達の躍動感も素晴らしいです。

 実在の温泉街や周囲の情景を取り込んで描かれる背景は美しく、実際に訪れた方の訪問記を見たりすると本当にリアルに再現されているんだ!と実感出来ます。
 喜翆荘のモデルが実在した、というのが驚きでしたけど、残念ながら既に取り壊されてもう見ることが出来ない、ということが惜しいです。
 古い建物を維持管理することの難しさは理解出来ますけど、なんか寂しいですね。
 喜翆荘は無くても、いつか必ず行ってみたい!と思います。
 その時は結名ちゃんの旅館にでも泊めて貰いましょうか(笑)
 ぼんぼり祭りが定着すると良いですね。

 昨年はホントに色々と有った一年でしたけど、この作品に出会えて嬉しかったです。
 間違いなく2011年を代表する作品だと思います。
 続編の制作も始まっているようですけど、この心地よい作品世界を続けて欲しいと思います。

2012年4月 5日 (木)

パパの言うことを聞きなさい! ニコ動配信版 (1/18~4/3)

 ニコ動配信の今年の1クールもの冬アニメが続々と終わり始めましたね。
 最初に観終わったのは「偽物語」だったんですけど、それは後回しにしまして、つい先日のこれからいきます。

 観始めはここでは何も触れていませんでしたけど、何となく完走してしまいました。
 途中で続かなくなると思てたのに(笑)

 飛行機事故で急逝した姉夫婦の娘達3人を引き取って暮らすことになった大学生の主人公と、彼女達とのハーレム・ラブコメ的ストーリーですが、一応3人と暮らし始めるにあたっての葛藤や生活して行くことの苦闘も描かれています。
 とはいえ、この奇妙な?生活を描くために色々と無理のある設定だったりしますので、ちょっと考えるとおかしなことだらけで興醒めしてしまうかもしれません。

 最大の謎は、扶養している未成年の子供3人がいる夫婦が共に遭難しているということは億単位の賠償金が支払われている(支払われる)筈なのに、どうして経済的に苦境に立たされるのか?ということです。
 航空機事故の補償問題は責任の所在が明確な場合を除き結構長期化すると思いますが、旅行保険に加入していれば(普通は入ってるっしょ)そちらはスムーズに支払われる筈。
 それがどうして学生が借りてるようなワンルームに住まなければならないのか?
 池袋の近くに立派な家があるのに…。
 親戚が騙くらかしてネコババしたんでしょうか??

 なんてリアルな突っ込みは無意味ですね(笑)
 狭い部屋に女の子3人と暮らすという観る側の期待感に応えるための設定なので、まあ仕方ないです。
 それを除けば、3人との生活費を稼ぐために涙ぐましい努力をする主人公には好感が持てますし、3人娘のキャラの描き方も結構マトモで、意外にマジメな作りになっています。
 末っ子のやんちゃぶりがやや大人し目で、この年頃の子にしては聞き分けが良いのが…。 良い教育受けてますね?!

 大学のサークルの面々と絡みつつ、奇妙な共同生活をする訳ですが、色々と問題が起き、その度に試練を乗り越えて成長して行く登場人物の描かれ方はありきたりではあるけれど、好感を持てます。
 サークルの部長とか色物過ぎる人も中にはいますけど(苦笑)、周囲の人々も好意的な人物が多く、その点はぬるいんですが、あまり深刻にならないので、まあ安心して観ていられます。

 一応恋愛要素もアリですけど、主人公はロ●コンでは無いらしく、サークルの先輩に気が行っていますけど、三姉妹の長女は過去の経緯から主人公にベクトルが突き刺さっています

 最近の萌えアニメって、圧倒的に多い男性視聴者の為に、恋愛要素の排除して行く傾向になる中で、この作品は片思いの方向を逸らして無難に処理しているような感じです。
 原作のラノベでもそうなっているんでしょうか?
 未完作品のようなので、終わり方はアッサリしていて、一応4人の生活というパッケージングの区切りを付けたようなところでおしまいになっています。

 最初からこうすればよかったんじゃ?

 って感じですけど(笑)
 なので?幾らでも続きを作れるような閉じ方になっているので2期目をやろうと思えば出来ますよね。
 でも売れるのかしら、この作品?!

 長女がハルヒのような顔してるとか(笑)、なんとなく既視感も見え隠れする絵柄や人物設定ですけど、作画の安定感はかなり良くて乱れを感じさせなかったのは、なんか勿体ないくらいです。
 背景は最近よくアニメに登場する八王子近郊で、さっそく聖地巡礼した方のレポートなんか見ましたけど、なかなかリアルに描かれているようです。

 あまり期待してはいなかったんですけど、意外と楽しめた作品でした。

2012年4月 3日 (火)

Steins;Gate (3/31~4/1)

 4月っ! 年度も変わり、今年も我が社は沢山の新入社員を迎えることが出来ました。
 これから研修、配属とイベントが続きますが、一緒に頑張って行ければいいなと思います。
 生憎と今回もうちの部署には新人配属はありませんでしたけど、まあいいです(笑)

 さて、新年度最初の完走作品はこれでした。
 去年ニコ動配信をフォローしていたので、2度目の視聴になります。
 なんと週末の2日で観切ってしまったんですが、通して観ると前回気が付かなかった伏線とか再確認出来て興味深かったです。

 DVD版で観直してると、なんとなくあちこち修正されてるような感じなんですけど、キャラのデッサン修正が結構入ってる?気のせいかな??
 それでもその辺りの安定感がやや残念なところがあるんですけど、元のキャラデザインが割とノッペリした感じで、微妙なラインの変化が目につきやすいんですよね。

 私よくここでも書いてますけど、ゲーム原作の作品って、元を大切にするあまり散漫なストーリーになったりしてイマイチなものが多いように思うんですが、この作品はかなりシッカリとまとめられていて良かったです。
 原作がどういったゲームなのか判らないんですけど、元もかなり良い構成なのではないかと想像できます。
 ただストーリー自体に所々詰めが甘いところがあって、ちょっとご都合主義的な部分が見え隠れしてたりして。
 時間線への干渉が引き起こすパラドックスの扱いがやや一方的な感じで、Dメール絡みのところのみで回ってるような感じですが、鈴羽のタイムマシンの影響が全く考慮されていなかったり、クリスが死なない時間線に行きついて、その後の世界に与える影響も無視されているとか(もっともストーリーの外の話しですが…)、何か釈然としない後味も残ります。

 ですが、中二病全開な大学生の苦闘と取り巻くキャラ達の立ち具合のバランスとか見るべきところも多いのも確かで、ただ甘ったるいハーレム萌えアニメとは軌を異にする作品だと思います。
 ノッペリした顔立ちのキャラに癖がありますが、それが中盤以降の展開でかなり重い話の連続では、リアリティのあるデザインだとかなりきつくなりそうな雰囲気のところを和らげているようにも思います。

 キャラ設定上の話しなので文句言っても仕方ないんですけど、気に入らないのは主人公の態度がハッキリしないところですね。

 クリスとまゆり、どっちを取るのさ?(笑)

 中盤の「まゆりの死の回避」の展開を見ていると、彼女のポジションが一つ抜きん出ているんですけど、終盤はクリスの方がややリードしてるでしょうか?
 時間線の関係でクリスを知ら無い筈のまゆりが何故かフォローを入れてたりするのは本妻の余裕?(謎)なのかもしれません?!

 もう一度観たら、もっと色々と気が付いて各ネタも増えそうですけど、粗探ししても仕方ないので、観たとしてももうここでは触れません( ̄ー+ ̄)

 レンタル版で観ていたせいで、最終巻の未公開話を観れていないのが心残りです。
 9巻だけBD買おうかな…

« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »