2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

無料ブログはココログ

« アスタロッテのおもちゃ DVD盤+Ex. (11/8~1/7) | トップページ | モーレツ宇宙海賊 ニコ動配信版 (1/15~) »

2012年2月13日 (月)

電波女と青春男 (8/6~2/12)

 やっと完走出来たので、ちょろっと書いておきます☆

 この作品どうした訳か最終話だけTV放映されなかったようで、やっと今月DVD/BDでリリースされました。
 私のお気に入り新房Xシャフト製作の作品ですけど、割と波のある出来の中では真ん中位でしょうか?

 両親の仕事の都合で叔母の家に居候することになった主人公がその家で見たものは、布団で簀巻きにされた女の子だった!

 という衝撃(笑劇?)の掴みから始まるこのストーリー、引きこもりになった従妹の女の子との邂逅と、新しい学校でのハーレム生活(またかぃ!)というウマウマな設定で転がって行く、まあなんというか在り来たりな作品にように見えます。
 ところがメインヒロイン?エリオの布団女からの脱却を描くものかと思っていたら、終盤に意外な展開が待っていた、という…ちょっと不思議(不可解?)なストーリーになっています。
 自分を宇宙人と自称していたエリオがそうなった理由と、主人公との生活の中で次第に外へ向かって歩き出す自己再生のストーリーに、クラスメイトのちょっと普通じゃない女の子達が絡んでスパイラルする青春のポイントをカウントする主人公が面白いんですが、終盤に登場する本物?な自称宇宙人少女がカオスな状況を作り出して、この作品の印象を複雑にしています(笑)。

 いったい何がやりたいんだぃ?

 連載途中のラノベが原作ということで、キッチリとした落としどころを作るのが難しかったと理解出来ますが、どうもテーマとかがピンと来ないです。
 いや特に無いのかもしれない…。
 ただエリオを取り巻くバックボーンは冷静に見るとかなり可哀想な感じで、外国人とのハーフゆえ、とても目立ってカワイイ容姿が嫉みを買い引きこもりになってしまったとか、母親が親戚に彼女の存在自体を秘密にしていたとか、結構トンデモナイことになっているんですが、常軌を逸したその環境を主人公が青春しながら矯正して行く、というのがテーマなのかもしれません。

 主人公に絡むクラスメイトの女子二人もハイテンションな不思議ちゃんと、被りものコスプレが趣味という、これまた普通じゃない子という組み合わせで、若作りなエロエロ叔母さんと合わせて、なんかへヴィはハーレム状態を作り出しています(笑)

 この作品で特筆すべきは、この女性達の描かれ方で、作画がとても丁寧に為されていて、とてもチャーミングになっています。
 とにかく綺麗かつ丁寧に描かれている上に、表情も豊かで、時にコケティッシュな面も強調されて、私が観ていても惚れてしまいそうになります(笑)

 そう、そこだけでも、というかそれが最大の売りだと思います。

 毎回最後に集計される「青春ポイント」が微妙にバランスがとれてるところが面白いんですけど、これが続くとどうなるんでしょうね?
 原作はまだ終わっていないようですけど、続きが観てみたいなぁ。

« アスタロッテのおもちゃ DVD盤+Ex. (11/8~1/7) | トップページ | モーレツ宇宙海賊 ニコ動配信版 (1/15~) »

アニメ雑感2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電波女と青春男 (8/6~2/12):

« アスタロッテのおもちゃ DVD盤+Ex. (11/8~1/7) | トップページ | モーレツ宇宙海賊 ニコ動配信版 (1/15~) »