2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

無料ブログはココログ

« モーレツ宇宙海賊 ニコ動配信版 (1/15~) | トップページ | 妖狐×僕SS ニコ動配信版 (2/6~) »

2012年2月20日 (月)

偽物語 ニコ動配信版 (1/15~)

 化物語の続編ということになるんでしょうか?
 原作の時系列がわからないんですけど、内容的には「化物」の後のお話になっていますよね。

 今のところ6話まで観ていますけど、相変わらず演出無双な作品です(笑)
 登場人物は前作から引き続きの面々が殆どですが、主人公の阿良々木以外は女子ばかり!という凄いハーレム状態で、忍野が消えた代わりに貝木という不気味で胡散臭いオッサンが登場しただけで、阿良々木君ひとりモテ状態になっています。
 そうハーレムアニメなんだよねぇ~これ。

 この作品も前作同様、複数話で1エピソードを構成するようになっていますが、この作品は2つのエピソードのみのようです。

 今のところ阿良々木の妹ちゃん’sの上の子がメインのお話で、貝木の所業に業を煮やした火憐が懲らしめようと乗り込んで行ったものの、逆に怪異を植え付けられてヒドイ目に遭わせられ、阿良々木や戦場ヶ原がその復讐戦に出るような展開になっています。
 イマイチ貝木の役どころが今のところ不明なんですけど、一応この作品のキーパーソンなんだと思います。
 悪役のように描かれていますけど、実は違うのかも??。

 タイトルの「偽物語」が表すのは何なのでしょうね?
 作中で毎回のように、「偽物の○○○○」というようなセリフが出て来たりして、物質的なのか、精神的なものなのか、いえ諸々の要素の中の偽物を炙り出して見せるということなのでしょうか?
 難しそうでいて、案外解り易そうなストーリーなのかもしれません。

 まだ最初のエピソードの佳境に入る前なので、これからの展開が楽しみです。

 画的な部分では前作と同等なイメージを維持していますけど、崩したキャラになったりする比率が多いかな?
 背景や演出の方は相変わらずでシャープで、独特の雰囲気があります。
 ただキャラ自体のデッサン、安定感はもうチョットですね…。

 このTVシリーズの後に控えている劇場作品、もしかしたらその後に続くTVシリーズに向けての伏線も色々隠されていそうで、目が離せません。
 八九寺ちゃんの思わせ振りなセリフとか、戦場ヶ原と羽川との関係などなど…。

 とにかく、今期のお楽しみの双璧の一つなのは間違いありません。

« モーレツ宇宙海賊 ニコ動配信版 (1/15~) | トップページ | 妖狐×僕SS ニコ動配信版 (2/6~) »

アニメ雑感2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偽物語 ニコ動配信版 (1/15~):

« モーレツ宇宙海賊 ニコ動配信版 (1/15~) | トップページ | 妖狐×僕SS ニコ動配信版 (2/6~) »