2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の記事

2012年1月22日 (日)

ベン・トー ニコ動配信版 (10/16~1/2)

 アップ順がバラバラですけど、思い付いた順に書いているのでご容赦下さい

 2011年の秋アニメのダークホースだったこの作品、「なんじゃこりゃ~~~~っ!」というくらい意外なプロットだったんですけど、この題材でラノベを書いてしまう原作者のアイデア力はある意味凄いですね!
 というか、普通こんなこと考えるかぃ?(笑)

 スーパーの半額弁当を獲得するために、文字通り戦う主人公達を描く「格闘モノ」なんですけど、なしてそんなものの為に格闘しなきゃならないのさ?(爆)

 ある日何気なく訪れたスーパーで半額弁当獲得戦に巻き込まれた主人公は成り行きで学校のハーフプライサー同好会(なんて同好会だ!)に入ることになり、代表の槍水に仄かな恋心を覚えつつ、日々狼として半額弁当を狩り続けるのでした…。
 という感じの?ストーリーですけど、まあ設定自体非常識というか、ありふれた日常の光景?が一気に非常識かつ不条理な戦いの舞台になっていることがこの作品の可笑しさになっているんですけど、ホント何考えてたらこんな話を思い付くのか、呆れるやら感心するやら、思い付きの勝利ですね!

 半額弁当を狩る人=狼、半額シールを張るスーパーの人=半額神とかネーミングも面白いですけど、狼の中には二つ名を持つ人も居て、主人公の二つ名は「変態」(笑)。
 確かに変態チックなところもあるけれど、随分ななネーミングです。
 憧れの先輩かつ多分メインヒロインは氷結の魔女なんて名前だったりしますけど、一応恋愛要素ありの、ハーレム的なようでいて意外とそれっぽい臭いは薄めかな?
 狼同士の戦いと繋がりがメインで、半額弁当を取り合う時以外はお互いに認め合って一緒に戦利品で食事したり、対抗勢力に対して共闘したりとギスギスした関係になっていないというのがミソだったりします。
 なのでエグみとか嫌らしさが微塵もなく、ズルい真似をした狼たちは尽く打ちのめされることになっているので、ある意味勧善懲悪?な爽やかな??を持ち合わせています。

 この作品の面白いところは画的な拘りで、ナント「弁当作監」なる役職が設定されています! こだわりの弁当作画ということで、リアルに美味しそうなお弁当が登場します(笑)
 なんかの作品でBL作監というのを見た以来の笑撃でしたけど、その効果はアリだと思います。
 あとは格闘シーンですけど、低予算で頑張ってます!的な感じで、タツノコのようなものを期待しちゃダメ!というとこですけど、いいんじゃないでしょうか?

 正直言って凄く馬鹿馬鹿しい題材を大仰にして作ってある作品なんですけど、アイデアと構成の勝利というか、予期せぬ通り魔的佳作?のような嬉しい拾い物でした。

2012年1月21日 (土)

C (1/4)

 これは2011年のノイタミナ春アニメですね。
 私的には「安定のノイタミナ」であまりハズレを引かないんですけど、これも意外な作品でとても面白かったです。
 秋に触りだけDVDで観たんですけど、全巻で揃ってから一気に観てみました。

 金融街と呼ばれる異次元にあるような不可思議な世界でミダスマネーと呼ばれる通貨を取り合う格闘物?!のような、作品世界の現実界に流れ込むミダスマネーによる混乱からにほんの経済を救うために立ち上がることになる主人公の物語というか?、これまで観たこと無い様なプロットで仕立て上げられた作品です。

 主人公は若くして両親を無くしてしまった貧乏学生でバイトを掛け持ちしながら大学に通っていますが、ある日突然アパートを訪ねて来た男に金融街へ連れて行かれます。
 そこではディールと呼ばれる戦いで資産の奪い合いが繰り広げられていて、そこで獲得した資産がミダスマネーとして現実世界に流れ込み、それが経済に大きな影響力を持つようになっていました。
 主人公はアセットと呼ばれるディールでの相棒?と触れ合いながら金融界と現実世界の結びつき、ディールの及ぼす影響を目の当たりにし、自分が戦う意味や目的を見出して行きます。
 その中で周囲の人間との結びつきや、亡き父と自分との絆の再確認をするなどヒューマン・ドラマの一面も持ち合わせています。

 作品が放映される前のPVか何かを事前に目にしていたんですけど、それではサッパリ内容が判らず、どんな作品なんだかワケワカラナイ状態で観始めたんですけど、強烈な吸引力を持っていて、あっという間に引き込まれてしまいました。

 プロットの仕込み自体物珍しく、巧みな構成と良質な脚本でとても上手くまとめられていると思います。
 ストーリーはオリジナルで、当然11話の中に収まり切るように作られている筈なので無理無駄無くスパッと仕立て上げられていると感じました。

 制作がタツノコプロなんですけど、ここの作品って物凄く久しぶりに観たような?
 だからじゃないけど、いやだから必然なのか?やや熱血入っていて、アクションシーンも手抜き無く、というかかなり力を入れてあるような感じです。
 ズバズバ動くというか、迫力ある動きが印象的でした。
 それでいて人物描写が抜かり無く入れられていて、ラスト周辺ではウルウル来るようなエピソードも入れられ、思わず目から汗が…。

 観ている途中の意外性と観終わった後の仄かな感動が心地良かったです。
 萌の欠片くらいは有るでしょうけど、甘あまな作品の多い昨今では珍しく「熱さ」を感じる良作でした。

 一見の価値はあると思いますよ!

2012年1月20日 (金)

緋弾のアリア (7/3~1/2)

 観終わってからちょっと時間が開いてますけど、書き忘れていたのでサラッと行きます。 

 パッケージに描かれたヒロインが可愛らしかったので借りて観たんですけど(ぉぃ)、カテゴリとしては「ハーレム萌えガンアクション物」でしょうか?
 または釘宮アニメ(セガール映画みたいだw)ですね

 ラノベ原作だそうで、設定がもう如何にもラノベらしい有り得ないものなんですけど、武偵と呼ばれる職業自体変なんですが、それを高校生から養成している、ということ自体「児童憲章」を蔑ろにしていますね…。
 もうアムネ○ティとかユ○セフから叩かれるレベルだと思うんですが、まあ創作物なので(苦笑)。

 ちょろっと訳ありな主人公の遠山キンジは、ある条件が揃うとヒステリアモードという超絶能力を発揮する武偵高校の学生。
 ある朝バスに乗り遅れ、自転車で学校へ向かっていると何故か爆弾が仕掛けられていて、対処しているところにヒロインのアリアが現れて、何となくその場を解決してしまいます。
 その後武偵殺しと呼ばれる謎のテロリストとの戦いを続けながら、主人公やヒロイン達の謎が解き明かされ、黒幕との戦いへと続いて行くんですが、「達」と入れたように複数のヒロイン・キャラが出てきて主人公と絡んでいくので、もうハーレム臭プンプンな構成になっています。

 まあその辺の流れは最近の作品にありがちなものなので良いとして(?)、問題は各キャラの設定にあります。
 主人公の遠山は明確な説明は無いものの「遊び人のお奉行様」の子孫っぽいとか、名探偵や大盗賊、ルーマニア名物のアレの子孫たちが集まっているという、なんかトホホなことになっています。
 なんかそんな設定要らないじゃん…、オリジナリティがそれだけで大減点的な感じ…。

 ご先祖絡みの対立からの和解、協調といった流れでラスボスとの決戦に至る、というストーリーですけど、それ自体は特筆するようなものじゃないかな。
 基本的にはキャラ萌えとガンアクションを楽しめれば良い的な雰囲気なので、あまり堅苦しくはないです(誰も構えて観たりはしないでしょうけどw)。
 良くも悪くも釘宮アニメなので、お約束の下僕扱いされる主人公とツンデレ・ヒロインの漫才と、取り巻きのサブヒロインのジェラシーを見て楽しむというスタンスでOKでしょう。

 という訳で、女の子達の画作りとかは可愛らしく、ちょろっとエロっちぃ感じに仕上げられています。
 ガンアクションはよく解らないですけど、動いてはいるかなぁ~。一応灼眼のシャナと同じ制作なので、ほぼ同等だと思います。

 1クール12話構成なので、手軽に可愛い女の子達のガンアクションが観れるということで、そちらの方面がお好きの方にはおススメかもしれません。

 DVD/BDにはオマケの13話目が入っていますけど、これはサービスの水着回なので、まあそういうことです(笑)

1/22記

2012年1月19日 (木)

銀魂 1st.&2nd. Season (~1/9)

 あ”~力尽きました…
 遂に体調を崩しダウン!
 お仕事のピークがひと段落して、少し油断したら一気に来ましたね、ぐぁ~~~~っと熱が上がって来て火曜の夜から寝込んでしまいました。
 先週から変な体調だったんですけど、だまし騙し頑張ってたら力尽きました 

 熱が引かないので、お医者さんへ行ったら、「完璧なインフルエンザです」とのこと。
 会社から、「しばらく来るんじゃねぇ!」という有難いお達しもありましたので、自宅療養しつつ、とりあえず溜まりまくってる作品の感想などを書いて行こうと思います。

 このメチャ長い作品ですけど、昨年の11月からチビチビ観て、やっと2シーズン目まで観終わりました。
 感想を一言で表すなら…、

 お下劣ですね!

 噂には聞いていましたけど、ここまでとは(苦笑)
 1シーズン4クールで49話ずつ、という感じですけど、単発のエピソードと複数話に跨ったロング・エピソードがランダムに入ってる、という構成になっていて、単発の方が殆ど例外無く下ネタ満載のドタバタ・ギャグに終始する感じです。
 反面、ロングの方が妙にシリアスな人情話とかになっていて、このギャップが構成上の特徴になっています。

 普段は飄々としてバカばっかりやってる主人公の銀時が時折見せる熱血な側面、周りのキャラも同様で、シリアス・エピソードの時はそれぞれが主役だったり、泣かせる名脇役だったりと、普段とは違う面を見せてくれます。

 ストーリーの舞台設定が幕末とSFがゴッチャになった特異な世界観で、当時の社会・風俗に現在のテクノロジーや価値観を突っ込んで掻き回したような奇妙な状況になっています。
 つまり、なんというか…、もうなんでもアリ?!

 銀時のところに転がり込んで来た怪力少女は宇宙人だし、何を思ったのか銀時に弟子入りした新八は剣術道場の跡取りとか、新撰組が有り得ない度150%な警察組織になってるなんて設定がゴロゴロしています。
 そこから既にギャグなんですけど、やることなすこと、出てくる人物の全てが突飛で想像を絶する行動をしてくれるので、可笑しいんだか呆れるんだか、観ている私も呆気にとられていたりしますけど、笑えるといえば確かに笑えます。
 ただ下ネタが多過ぎるのと、反復ギャグネタが結構しつこいので、そこがチョット引いちゃうところですね、私としては。

 人情話のエピソードは、それぞれの導入部は突飛な展開だったりしますけど、構成は割とオーソドックスな流れで、夜8時にやってた時代劇の様な雰囲気です。
 この辺りのポイントが高いかなぁ、と私は思っているんですけど、どうも苦手な視聴者も多いようです。
 話のテンポがガラッと変わってたりするので、ギャグ・エピソードの早い切り替えとのギャップは結構大きいかな?
 それでもDVD丸ごと1枚分(4話)を費やしたりしている割には、スムーズな流れになっていて長さを感じなかったりするんですけど、まあ好みの問題ですね。

 あと他作品のパロディが良く出てきて、「これヤバいんじゃないの?」と観ていてハラハラするようなイジリ具合の時があります。
 アニメや映画、TVドラマとなんでもアリなんですけど、キャラが登場するだけじゃなく、声優ごと持って来たり、設定から丸ごとパクッてたりするという凄まじさです(笑)

 かと思えば、「予算が尽きた」と言って、背景だけのカットで延々とキャラが喋って時間を潰したり、楽屋落ちネタを持ち出して愚痴ってみたりと、かなりやりたい放題しているんですけど、恐ろしいのはこれが深夜じゃなくて夕方やってる作品だったりするんですよね?!
 良いんだろうか?
 「子供に見せたくないアニメ・ランキング」なんてあったら間違いなく上位だろうなぁ(笑)

 具体的な内容を書き始めるとキリ無いので書きませんけど、長く続いてるだけのことはある、というか作り手が全力で遊んでいるのを受け手が支持して受け入れ続けているのが秘訣なんだろうなぁ。
 ふざけてるようでいて、実際に公共電波にあの内容を流そうとするのは相当な圧力を撥ね退けなければならない筈で、作り手側は想像以上に苦労している筈です。
 中途半端にせずトコトンお下劣に取り組んでいたりする姿勢は清々しさを覚えますが(笑)、これまた結構本気な人情話とバランスを取りながら放送打ち切りにならないように頑張っている姿には敬意を払いたいです。

 画的な質とか、長期間続いているので一貫した作画、というのは少々無理なので多少の波は有るように見えますけど、ワザとなのか普通にやってなのか判らない崩れ方をする時もあるので、なんとも評価に困りますけど、全体の質はそこそこ良いと思います。
 最近珍しい4クールものなので、作画監督が複数居るとか当たり前ということもあり、キャラのデッサンとか変わったりします。
 背景なども突出して描き込まれてるという訳ではありませんので、ごく平均的なレベルですけどキャラとのバランスが取れていて、変に主張していないので良い感じです。

 私的には銀英伝を抜く長編アニメになりそうですけど、この先もチビチビと観て行こうかな?と思います。
 何も考えたくない時に観るには良いんですよ、コレ。

2012年1月 5日 (木)

BLOOD-C ニコ動配信版 (~10/7)

書けるうちにドンドン更新して行きます(笑)

 さて、この作品は去年の内に視聴が終わっているんですけど、ページだけ確保してそのままになっていたものです。
 ですが~、一応書かないとネタ的に勿体ないので、年明け後ではありますけど書かせて貰います。

 この作品、2011年最悪かもしれない…(汗)

 BLOODシリーズ、割と好きなんですけど、3作目となるこの作品、ちょっと期待してたんですが見事に裏切られました。
 とにかくストーリーの構成が変で、異様にのたくた遅い展開で「もしかして2クール」と思った程スローな進行。
 かと思えば終盤に狂ったような急転直下、驚愕のどんでん返しで(いろんな意味で)、

 「これはいったい何をしたいんだろう?」

 と思わずつぶやいてしまった、という想像を絶するラストがもう、なんとも…。
 終盤と言ってもラスト2話位ですけど、観ていてトゥルーマン・ショーという映画を思い出しました。
 偽りの世界に見世物として生かされていた主人公のお話ですけど、チョット似た感じがありますね、この作品。


 これがシリーズ3作目ではありますけど、前の2作とは「小夜」という女の子が主人公で、刀を振り回して得体の知れない相手と戦う、という点だけが共通で他は全く異なり接点もありません。
 小夜が高校生というところは同じですけど、この作品では田舎町の高校とその周辺が舞台となり、よその国に行ったりしませんし、シュヴァリエも出て来ません。

 この作品では「古きもの」という気色悪いクリーチャーの様な存在が敵になりますが、知性が有るのか無いのか、個体差があるようですけど、一部を除いて意思疎通は殆ど出来ず、結局小夜と殺し合って終わり、という存在。
 小夜はソレを倒すことが使命、ということになっていますけど、周囲の人間が巻き込まれ、同じ教室に居たクラスメイトですら助けることが出来ないという、なんとも困った主人公になっています。

 小夜の中の人が水樹奈々さんということもあり?いきなり歌いだしたりする主人公ですが、その天然っぽいのが豹変して古きものと戦う様はBLOODっぽいんですけど、成果を伴わず、全然かっこよくない…。
 まったく道化のような主人公で、「こんなんでいいの?」って思ってしまうんですけど…。

 ラストの納得の行かなさは、後に続く映画に繋ぐため、とも考えられますけど、殆ど導入部分で終わってるような印象なので、これから先ストーリーを進めて行くには結構な尺が必要になるんじゃないかと思うんですけど、映画の監督始めスタッフは総入れ替えらしい?ですし、いったいどうなるのか想像出来ません。
 なんか怖いもの見たさで、観ようかと思っていますけど、時間の浪費にならないことを祈るばかりです。

2012年1月 4日 (水)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (1/3~4)

タイトル長っ!

 この作品、観たら絶対泣くっ!と思っていたので全巻で揃って一気に観れるタイミングを探していました。
 やっぱり、こういう時期じゃないと観れないよね。
 作品世界と違って、今は真冬真っ盛りですけど(笑)
 結果は…

 大号泣です

 もうダメですね、こういうストーリー。
 ある意味、設定からしてあざとい「泣け泣けアニメ」というのが見え見えなんですけど、それが判っていながら入り込んでしまって涙を流さずにはいられない、という脚本や構成の妙が効いています。
 ここ最近、岡田磨里脚本の作品を多く目にしますけど、波長が合うんだか合わないんだかよく解らないです(苦笑)
 凄く良い時もあれば、なんか嫌な感じの時もあるし、色々書き分けられる引き出し持った人って、ことなんでしょうけど、今回はかなり良い方ですね~。
 ただ、色系表現が時々ドぎついので、そこが嫌いです。

 幼馴染6人組みの「超平和バスターズ」。
 その中の「めんま」があることが切っ掛けで死んでしまい、彼らが高校1年の夏休み、突如主人公「じんたん」のところに幽霊となって現れるところから物語が始まります。
 幽霊と言っても彼女はじんたんだけに見え、触れ合ったり、食事をしたり出来るというかなり風変わりな存在です。
 じんたんは受験の失敗から不本意な高校に入学することになり、僅かの期間登校しただけで家に引き籠ってしまっています。
 めんま出現から、かつてのバスターズの面々と次々に再会することになり、やがて彼らは幽霊めんまの存在を知り、彼女を成仏させようと動き出すことになりますが、それは「あの時」へ戻る後悔と独白への旅でもありました。
 そしてめんまは、バスターズはどうなるのでしょう?

 という感じのお話ですが、筋立てからしてヤバそうな雰囲気がしてるし、幽霊だけど殆ど人間と変わらないめんまが主人公だけにしか見えず、しかも彼にだけ触れ合うことが出来るという特権(笑)があざとかったりしますが、その辺りも後々ストーリーの鍵であることが解ります。

 めんまの死という、当時小学4年生くらい?の彼らにとっては大き過ぎる事件はその後の人生に影となって付き纏い、苦悩から自らを誤魔化し、偽りの感情や行動で平静を装っていた訳ですが、幽霊めんまの登場(ある意味降臨か?)によって、それが暴き出され、そこから彼らが開放されて行く様を描いて行くことがこの作品のテーマとなっています。

 終盤の怒涛の葛藤劇が観ていて凄まじいものを感じますが、各キャラの本心の吐露がラストへ向かっての加速装置になり、いやが上にも琴線をかき乱されずには居られません。
 めんまが成仏出来ない理由を探し、それを叶えてあげよう、という目的の裏には彼らそれぞれの思惑が働いていて、それ故か見当違いなことをしてみたり、散々苦労して為し得たにも関わらず、それが違っていたり、そもそもめんま本人が忘れていることなので、元から難題だったわけはあるんですけど…。
 結局、めんまの望みは意外なところから、意外な結果になっていたのでした。

 じんたん、あなる(このあだ名はダメだろw)、ゆきあつ、つるこ、ぽっぽ、そしてめんま、それぞれが過去の蟠り、自らのエゴを解放した時、彼らの目的が達成されることになります。
 その後、やっと自分たちの人生に戻って行くことでめんまの願いが成就するんですよね(涙)。

 ここであまりストーリー云々を書き綴りたくはないので、この辺りで止めときますけど、オリジナル作品として、ホントよく出来てますよ、コレ。
 2011年はオリジナル原作の当たり年だったんじゃないかな?、といっても数えるほどしかないけど…。

 幽霊ファンタジーというありがちな題材ですけど、キャラの心情描写が途方も無く濃厚で、メイン6人だけでなく、じんたんとめんまの両親はじめ、周辺の人々もキッチリ書き込まれていて疎かにされていないのが凄いです。
 皆それぞれ思惑があり、それが意図せず周囲に伝播して、彼らの人間関係が歪になってしまったのを、姿は成長しているけど中身は小学生のまんまなめんまが現れてそれを真っ直ぐにして行く、という筋立てがとても良いです。
 やや過剰な演出とも取れるところが無きにしも非ずですけど、もう終盤は引きずられて涙腺がエライことになってしまいました(苦笑)。

 キャラの絵柄はやや緩めな感じですけど、比較的安定感もあり、観ていてあまり気に障るところはありませんでした。
 背景の描き込みは凄くて、「あぁ秩父だね!」って感じでリアルに再現されています。

 音楽も良質で、よく画と合っていました。
 OP/EDも良くて、時間節約の為にいつもは飛ばしてることが多い私ですけど、ついつい見てしまいます。
 EDの曲は他のアニメでもEDとして使われてましたけど、これはこれで良かったです。
 モノクロームな背景が、ぱぁ~っと花模様に変わるところなんか印象的ですね。
 曲の歌詞が合いすぎている(笑)ような気もします。

 ともあれ、2011年のアニメではこれまた超おススメで、間違いなくトップレベルの作品です。
 ストーリー自体はアニメでなくても、という気もしますけれど、アニメだから実像を使ったやらしさが出ないとも思え、そういうところも上手く抑えた演出がされています。
 ちょっとだけキワドイとこもありますけどネ。

 アニメ好きなら観といて損はしないです、うん。

2012年1月 3日 (火)

Working'!! ニコ動配信版 (~1/2)

 ニコ動配信2011年秋アニメ完走作品です。
 一期目から継続して観てますけど、これは面白いです。

 4コマ漫画原作なので、普通はエピソードのブツ切り感が気になりがちですけど、この作品では繋ぎが上手くまとめられていて、それほど気にはなりません。

 続きものなので、基本的には一期目と大きな違いはありませんが、恋愛要素的エピソードがやや強めになって来ています。
 原作のこの辺りは読んでないんですけど、山田(兄)が伊波x小鳥遊の間に割り込んでくるようなかたちになっていて、小鳥遊の嫉妬が見られるようになるという大変化(笑)が起きています。
 もっとも非常にゆる~い恋愛模様なので、余程狂信的なキャラ信者でなければ大笑いして観ていられるレベルとかな?、まあネタの一つですね。
 その新キャラ山田(兄)は妹を探している訳ですが、どうしても見つけることが出来ず、ワグナリアへ来ても何故かすれ違ってしまい会うことが出来ずに二期が終わりました(笑)
 逢えない二人と言えば、音尾さんの奥さんが登場しますが、これも捕まえることが出来ず、下水道に姿を消すというシュールなことになっています…。

 あまりアレコレ言うようなカテゴリの作品じゃないので、そんなに書くことが無いんですけど(ぉぃ)、全体のテンポが一期より良くなったような気がします。
 キャラ画も安定していて、意外とキッチリ作られている感じで好印象です。

 元がやや捻くれたドライな感じのテイストなので、ちょっと気に障るところが無きにしも非ずなんですが、このあたりどうでしょうね?合わない人も居るかもしれません。

 ニコ動配信アニメ、これ以外に「イカ娘」2期、「ベン・トー」の視聴が終わっていますけどいずれアップします。
 それに「ピングドラム」があと4話ありますね~。佳境に入り目が離せません。

2012年1月 2日 (月)

魔法少女まどか☆マギカ (12/31~1/1)

 さて新年最初の視聴作品です。
 というか、年越しアニメですね
 新しいカテゴリーも作りました。
 心機一転今年もアニメを楽しみましょう♪

 昨年の話題作で、ニコ動で一度完走してますけどBDで揃えたので、もう一度通しで観てみました。

 配信版とBD版との違いって、細かな修正とか沢山あると思うんですが、やっぱりよく解らない(苦笑)
 1,2話にエンディングが付いているのが大きな違い、というのは以前にも書きましたけど、オマケのオーディオ・コメンタリーが凄いらしい?
 時間無くて聞いてないんですけどね。
 あとは毎回CDの付録が付いていて、全巻揃えるとサントラ3枚とドラマCDが3枚になります。
 杏子ちゃんの回のEDだった挿入曲はこのサントラに入っています。

 観終わった感想は殆ど前回書いてしまったので、あまり書き足すことは無いんですけど、甘あまなストーリーの多い「魔法少女モノ」の中にあって、とても異色というか魔法というモノに対してのアンチテーゼ?のようなメッセージが込められているように思います。
 セリフの中に、

 「奇跡は只じゃない」

 っていうのがあるんですけど、普通の魔法少女モノの場合、登場人物が当たり前に魔法を使って凄いことをやってのけてしまっている訳ですけど、この作品では魔法少女になること自体に極めて大きな対価を支払うことになり、さらに魔法を使えば使う程ソウルジェムが濁りそれを浄化するためのグリーフシードを得る為に嫌でも魔女退治をし続けなければならない、という重荷を背負わされます。
 そしてそれを怠れば自らが魔女になってしまう、魔女に負ければ命を落し、そればかりか勝ち続けていても最終的にはソウルジェムの浄化が追い付かなくなり魔女化してしまう、というなんとも救いようの無いことになっています。

 勧誘者キュウべぇは契約をするにあたって、それらの事実を隠して登場人物達を騙すような形で魔法少女にしていますが、彼らにはそうしなければならない理由があるものの、彼らが詐欺商法のような行為をするのに感情が介在しないという最低な設定がもう観ていて腹立ってきますね。
 オレオレ詐欺やお年寄り騙して無意味に高い製品を売り付ける商法と同じですね(怒)

 そうして魔法少女になった彼女たちは「最初の願い」だけをよりどころにして頑張っているんですけど、その「願い」がこれまた全く上手く行っていない、というか願わなければ死んでいたとか、好きな人がダメになるとか、のっぴきならない状況で追い込まれて契約せざるおえない状況になっているのが、もう悲惨としか言いようがありません。
 唯一主人公のまどかだけが悩んだ末に決断をして大きな願いを叶えてしまうんですけど、その代償は大きすぎるものでした…。

 そう、ありきたりな魔法少女モノとは、この対価・代償という部分のウェイトが決定的な違いになっているんです。
 それゆえに夢物語である魔法というものに奇妙なリアリティが被さって、ストーリー全体の深みが増しています。
 ただ結末のスケールが大きすぎて殆どセカイ系のようなことになってしまっているのが良いのか、悪いのか…。
 その辺りは観る人の好み次第でしょうね~。

 画的な部分ですけど、BDでもあまり直って無いところがありました。
 人物のデッサンが結構コロコロ変わるんですよね、この作品。
 作画監督が各話で違う、というのがあるんでしょうけど、何かバラけてる。
 そして引きになるとやっぱり顔が歪んでたり表情が適当になるのが目につきます。
 多分下請けの作業精度がイマイチなんでしょうけど?そこが残念な点です。

 反面背景、特に異空間をデザインしている劇団イヌカレーが創り出す世界の飛び抜けて異様なことと来たら、殆ど正気じゃない!(苦笑)
 どんな発想で思いつくのか、想像を超えた感覚で驚異的としか言葉が思い付かないです。
 切り絵が動き回っているようなその表現は新房監督の作品ではよく出て来ますけど、これまでの部分的な参加と違って、この作品では異空間では全面的にコレになっている訳で、観てると時々頭がクラクラしてくるんですけど(笑)、まあとにかく凄いです。
 魔女のデザイン、というか普通思い浮かべる魔女のイメージとはかけ離れた姿ですが、この辺りの感覚も凄まじいです。

 まどか達、人間のキャラデザインがうめ先生という、ゆるゆるなイメージとのギャップがまたこの作品の特徴でもありますけど、まあなんともミスマッチで不思議な作品世界を演出しています。

 ストーリー展開は先の想像が難しく、あとで気が付く伏線があちこちにあり、観直すと色々と気が付くことがありました。
 ほむらの存在が一番重要なキーだったりする訳ですが、彼女の経緯が明らかになるまで、どうしてあんな態度を取っていたのか判らず、チョットやな奴!だったのには理由があり、細かなところでその一片が見え隠れしているのですけど、初見では気を付けないと見落としてしまうかもしれません。
 キュウべぇとのやり取りが一番解り易いかもしれませんが…。
 それにしても、まみ、さやか、杏子、それぞれの救いの無い展開が可愛そうですが、まどかの願いでそれが少しだけ良くなっているのが?嬉しいような侘しいような、です。

 音楽も印象的で、OP/EDもインパクトがあり、かつストーリーの中身に密接に関わっているので、ある意味ネタバレ・ソングの側面もありますが、良質な楽曲です。
 BGMも打ち込み系の曲ですけど、画によく合っていて印象的深い曲が多いです。
 このサントラが欲しくてDVD/BDを買ってしまう人がいるかもしれません。

 通して観直してみて、改めて「凄いなぁ」と思い直したんですけど、2011年を代表する作品であることに間違いありません。
 好き嫌いはかなり出そうですけど、一見の価値は十分あると思います。

2012年1月 1日 (日)

あけましておめでとうございます

年が明けました!

 旧年中は多くの方々にこのブログへご訪問いただきましてありがとうございました

 後半は随分更新が滞ってガッカリ(?)されている方もおられるかもしれませんけど、どうかご容赦下さい<(_ _)>
 昨年は震災とその後の混乱にひたすら振り回された一年でした…。
 今年もまだその余波を引きずって行かなければなりませんが、なんとか切り抜けて頑張って行こうと思います。
 時間の制約が厳しいですけど、心のよりどころ(大袈裟)アニメ作品に寄り添って行きたいなぁ。

 昨年一年で視聴した作品はDVD/BDで66タイトルでした。
 これにニコ動で観た作品が14本でした。
 目標として「年間100タイトル」(ニコ動を除く)を密かに挙げていたんですけど、結果は惨憺たるものですね…。
 ニコ動での視聴が一気観を阻害しているのは判っているんですけど、それでも落ち込み過ぎでしょうか。
 後半お仕事上の大混乱の影響も大きいですね。

 さて、今年も目標は100タイトルとしましょうか。
 どこまで行けるか、まったく見当が付きませんけど、前向きに頑張ります!

 それでは、この一年が皆様にとって希望と幸せに満ちたものとなりますように、こころからお祈り申し上げます。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »