2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

無料ブログはココログ

« BLOOD-C ニコ動配信版 (~10/7) | トップページ | 緋弾のアリア (7/3~1/2) »

2012年1月19日 (木)

銀魂 1st.&2nd. Season (~1/9)

 あ”~力尽きました…
 遂に体調を崩しダウン!
 お仕事のピークがひと段落して、少し油断したら一気に来ましたね、ぐぁ~~~~っと熱が上がって来て火曜の夜から寝込んでしまいました。
 先週から変な体調だったんですけど、だまし騙し頑張ってたら力尽きました 

 熱が引かないので、お医者さんへ行ったら、「完璧なインフルエンザです」とのこと。
 会社から、「しばらく来るんじゃねぇ!」という有難いお達しもありましたので、自宅療養しつつ、とりあえず溜まりまくってる作品の感想などを書いて行こうと思います。

 このメチャ長い作品ですけど、昨年の11月からチビチビ観て、やっと2シーズン目まで観終わりました。
 感想を一言で表すなら…、

 お下劣ですね!

 噂には聞いていましたけど、ここまでとは(苦笑)
 1シーズン4クールで49話ずつ、という感じですけど、単発のエピソードと複数話に跨ったロング・エピソードがランダムに入ってる、という構成になっていて、単発の方が殆ど例外無く下ネタ満載のドタバタ・ギャグに終始する感じです。
 反面、ロングの方が妙にシリアスな人情話とかになっていて、このギャップが構成上の特徴になっています。

 普段は飄々としてバカばっかりやってる主人公の銀時が時折見せる熱血な側面、周りのキャラも同様で、シリアス・エピソードの時はそれぞれが主役だったり、泣かせる名脇役だったりと、普段とは違う面を見せてくれます。

 ストーリーの舞台設定が幕末とSFがゴッチャになった特異な世界観で、当時の社会・風俗に現在のテクノロジーや価値観を突っ込んで掻き回したような奇妙な状況になっています。
 つまり、なんというか…、もうなんでもアリ?!

 銀時のところに転がり込んで来た怪力少女は宇宙人だし、何を思ったのか銀時に弟子入りした新八は剣術道場の跡取りとか、新撰組が有り得ない度150%な警察組織になってるなんて設定がゴロゴロしています。
 そこから既にギャグなんですけど、やることなすこと、出てくる人物の全てが突飛で想像を絶する行動をしてくれるので、可笑しいんだか呆れるんだか、観ている私も呆気にとられていたりしますけど、笑えるといえば確かに笑えます。
 ただ下ネタが多過ぎるのと、反復ギャグネタが結構しつこいので、そこがチョット引いちゃうところですね、私としては。

 人情話のエピソードは、それぞれの導入部は突飛な展開だったりしますけど、構成は割とオーソドックスな流れで、夜8時にやってた時代劇の様な雰囲気です。
 この辺りのポイントが高いかなぁ、と私は思っているんですけど、どうも苦手な視聴者も多いようです。
 話のテンポがガラッと変わってたりするので、ギャグ・エピソードの早い切り替えとのギャップは結構大きいかな?
 それでもDVD丸ごと1枚分(4話)を費やしたりしている割には、スムーズな流れになっていて長さを感じなかったりするんですけど、まあ好みの問題ですね。

 あと他作品のパロディが良く出てきて、「これヤバいんじゃないの?」と観ていてハラハラするようなイジリ具合の時があります。
 アニメや映画、TVドラマとなんでもアリなんですけど、キャラが登場するだけじゃなく、声優ごと持って来たり、設定から丸ごとパクッてたりするという凄まじさです(笑)

 かと思えば、「予算が尽きた」と言って、背景だけのカットで延々とキャラが喋って時間を潰したり、楽屋落ちネタを持ち出して愚痴ってみたりと、かなりやりたい放題しているんですけど、恐ろしいのはこれが深夜じゃなくて夕方やってる作品だったりするんですよね?!
 良いんだろうか?
 「子供に見せたくないアニメ・ランキング」なんてあったら間違いなく上位だろうなぁ(笑)

 具体的な内容を書き始めるとキリ無いので書きませんけど、長く続いてるだけのことはある、というか作り手が全力で遊んでいるのを受け手が支持して受け入れ続けているのが秘訣なんだろうなぁ。
 ふざけてるようでいて、実際に公共電波にあの内容を流そうとするのは相当な圧力を撥ね退けなければならない筈で、作り手側は想像以上に苦労している筈です。
 中途半端にせずトコトンお下劣に取り組んでいたりする姿勢は清々しさを覚えますが(笑)、これまた結構本気な人情話とバランスを取りながら放送打ち切りにならないように頑張っている姿には敬意を払いたいです。

 画的な質とか、長期間続いているので一貫した作画、というのは少々無理なので多少の波は有るように見えますけど、ワザとなのか普通にやってなのか判らない崩れ方をする時もあるので、なんとも評価に困りますけど、全体の質はそこそこ良いと思います。
 最近珍しい4クールものなので、作画監督が複数居るとか当たり前ということもあり、キャラのデッサンとか変わったりします。
 背景なども突出して描き込まれてるという訳ではありませんので、ごく平均的なレベルですけどキャラとのバランスが取れていて、変に主張していないので良い感じです。

 私的には銀英伝を抜く長編アニメになりそうですけど、この先もチビチビと観て行こうかな?と思います。
 何も考えたくない時に観るには良いんですよ、コレ。

« BLOOD-C ニコ動配信版 (~10/7) | トップページ | 緋弾のアリア (7/3~1/2) »

アニメ雑感2012」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀魂 1st.&2nd. Season (~1/9):

« BLOOD-C ニコ動配信版 (~10/7) | トップページ | 緋弾のアリア (7/3~1/2) »