2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

無料ブログはココログ

« 二十面相の娘 (8/1~8) | トップページ | 空の境界 俯瞰風景 (8/14) »

2011年8月13日 (土)

神様ドォルズ 第一話 ニコ動配信版 (8/11)

 またまた書き込みの間が空いてしまいました。
 待望のお盆休みに入ったので、出来れば色々一気に書きたいなぁ。
 チマチマとアニメを観てはいるんですけど、なんか「書こう!」という気力が入らない今日この頃です。

 
 とりあえず、ニコ動配信動画が続きます。
 これの原作は3巻目くらいまで読んだことあります。
 結構エグい殺戮シーンがあったりして、ちょっと万人受けするようなタイプじゃないです。

 主人公匡平の住んでいた山村には案山子というロボットのような神を操る隻(せき)という者が何人もいました。
 彼は何らかの事情で隻では無くなり、その後を妹の詩緒が引き継ぎますが、東京の大学への進学を口実に村を後にします。
 しばらく経って、学部コンパの会場で殺人事件が起き、匡平と同郷の父を持つ日々乃(女子ですw)と共に現場を目撃します。
 その夜、詩緒が突然匡平の部屋を訪れますが、その理由は幽閉されていた幼馴染で隻の阿幾(あき)が匡平を追って逃亡したと知らせる為でした。
 そこへ阿幾が案山子を伴って現れ、詩緒の案山子玖吼理(くくり)と闘いになり匡平の部屋は滅茶苦茶に…。
 辛うじて阿幾を倒し、彼は村へ送還されますが、部屋を失った匡平は日々乃の家に詩緒と共に居候することになりました。
 そして阿幾を乗せたトラックは…。

 という1話目ですけど、なんとも超絶展開で突飛な出だしです。
 この1話を観ただけでは多分ストーリーの背景なんかもよく解らないと思いますけど、閉鎖的なムラの因襲に振り回される子供たち、のようなバックボーンが見え隠れします。
 もっとも私も原作の序盤程度の知識しかないので、この先佳境に進んでどういう方向へ行くのかはサッパリわかりません。

 キャラデザインは柔らか目?な印象で、少々キツイ描写の多い作品をマイルドにしているかな? そして女子キャラがカワイイのが良いかも。
 1話を観た感じでは作画も安定して良さそうです(ここで崩れてたら悲惨ですけど)。

 OP/EDが石川千晶さんで、どちらも彼女独特な曲想で私好みです。
 映像もインパクトあります。

 原作でもグロさがチラホラ見える作品で、ややプロットに既視感があるものの、チョット続きが気になります。

 ニコ動では1話だけ無料で、以後有料配信となっているので、続きはDVDで観ようと思います。
 だってその方がお得ですから…

« 二十面相の娘 (8/1~8) | トップページ | 空の境界 俯瞰風景 (8/14) »

アニメ雑感2011」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神様ドォルズ 第一話 ニコ動配信版 (8/11):

« 二十面相の娘 (8/1~8) | トップページ | 空の境界 俯瞰風景 (8/14) »