2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

無料ブログはココログ

« ロウきゅーぶ! ニコ動配信版 (7/10~) | トップページ | 二十面相の娘 (8/1~8) »

2011年7月31日 (日)

レベルE (6/17~7/31)

 新作レビューまだまだ続きがありますけど、完走作品が出ましたのでここでまとめておきます。

 予想外の拾い物だったことは以前書きましたけど、全話観終わったあとで振り返ると、やっぱり凄く面白かったです!
 とにかく各エピソードの結末が読めないので、最後まで目が離せないです。
 やっぱり斜め上的な方向へ行ってしまうんですけど(笑)、どうしてこういう発想になるのか不思議で仕方ありません。
 う~~~ん、頭固いなぁ、私…

 前回のレビュー以降にあったエピソードは、囚われの人魚のお話、一話で登場した高校球児たちが地区予選決勝当日に謎の空間の甲子園球場に閉じ込められるお話、そしてバカ王子の許婚がやって来るお話と続きます。

 人魚の話しは例の戦隊の子達と密猟者に囚われている人魚が出会うエピソードですけど、比較的ストレートな展開ながら切なさが前面に出て来る、この作品では一番泣かせる?お話です。
 謎の甲子園は、何故そんな空間に閉じ込められたのか?という謎解きがメインですけど、バカ王子が絡んで余計ややこしくなるというお約束的な展開です。
 最終巻は2話を費やしてバカ王子と本星から王子の弟に連れられてやって来た許婚が結婚を迫るお話ですが、これがまた全く予想外な結末を迎えるストーリーで、思わず唸らせられるハッピーエンドで幕を引きます。

 これまで観て来たコメディ系アニメの中では最上位に来てる作品と言っても良いかもしれません。
 ただ笑わせる作品は多数ありますけど、キッチリ計算されている展開と下品さの無い正統派なコメディ・ストーリーは中々お目に掛かれるものではないかと思います。

 作画もシッカリしていて乱れることも少なく、背景も丁寧に描き込まれています。
 キャラデザインは原作準拠?だと思われますけど、割と端正な感じで描き分けられていて、ギャグシーンでも頭身を変えたりすることはありません。
 この辺りも意外と正統派な感じ?

 期待していなかっただけに、観終わった後のお買い得感?(笑)が大きく、思わず高評価を付けてしまいましたけど、誰が観ても楽しめる、最近では稀有な作品だと思います。

 観て損はしませんよ
 

« ロウきゅーぶ! ニコ動配信版 (7/10~) | トップページ | 二十面相の娘 (8/1~8) »

アニメ雑感2011」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レベルE (6/17~7/31):

« ロウきゅーぶ! ニコ動配信版 (7/10~) | トップページ | 二十面相の娘 (8/1~8) »