2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

無料ブログはココログ

« 森田さんは無口 ニコ動配信版 (7/9~) | トップページ | 地球へ 劇場版 (7/26) »

2011年7月25日 (月)

BLOOD-C ニコ動配信版 (7/14~)

 今期の配信動画が続きます。

 この作品は割と期待していたものです。
 アニメ復帰後しばらく経って、BLOOD+を観たんですけど、結構面白かったのでその片鱗でもあるかな?という期待感もあったんですけど、

 全く別物です。たぶん。

 まだ2話しか観ていませんけど、今のところサッパリ展開が読めません。
 キャラ・デザインがCLAMPになったので、えらく雰囲気が変わり、監督が水島務氏になったことで、何かやらかしてくれそうな(良い意味で)予感がします。
 何話構成か不明なのですけど、2クールなのかな?ストーリーの進行具合をみてると。

 小夜という名前の少女が主人公ということ以外は全く設定もストーリーも異なりますが、翼手の代わりに「古きもの」なる魔物と闘うのがBLOODたるところでしょうか。
 この作品の小夜は神社の娘で、神主の父と二人暮らし、1話目からイキナリ怪しげなお地蔵さんの化物と刀で闘っていましたけど、それが何なのか?というのはこれからのお楽しみです。
 登場人物の紹介も、現時点では多分まだ終わっていなくて、いわくありげなイケメン男子のクラスメイトが何か怪しい?彼は敵なのか、それともハジのような立ち位置に居るのでしょうか?

 まだ謎だらけの中、夜ごと御神刀を手に闘う小夜なのでした…。

 今回の小夜キャラの味付けは、眼鏡っ子の天然っぽいトロくて抜けた子、という感じですが、戦いの場では一変するのはお約束ですね。
 中の人が水樹奈々さんなので、劇中でもチョット恥ずい歌を歌い出すのがチョット…(笑) いえ、劇中でもキャラいじりのネタになるような歌なので、ヘタという訳じゃないんですけどね。

 制作は今回もproduction I.G.なので比較的安心して観ていられます。 キャラの絵柄がCLAMPらしい現実離れした頭身だったりしますが、HoLicに比べれば全然マシ?です。
 背景は結構シャープな印象で、絵柄全体の安定感は高いと思います。

 まだ序盤でどう転ぶのか予断を許しませんけど、楽しみです。

« 森田さんは無口 ニコ動配信版 (7/9~) | トップページ | 地球へ 劇場版 (7/26) »

アニメ雑感2011」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BLOOD-C ニコ動配信版 (7/14~):

« 森田さんは無口 ニコ動配信版 (7/9~) | トップページ | 地球へ 劇場版 (7/26) »