2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

無料ブログはココログ

« アスタロッテのおもちゃ ニコ動配信版 (4/18~7/6) | トップページ | それでも町は廻っている (~7/2) »

2011年7月10日 (日)

Aチャンネル ニコ動配信版 (4/20~7/8)

 今年の春アニメ、ニコ動配信作品の完走2本目です。
 この作品、パターンとして「けいおん!」風な感じかと思ったんですけど、ちょっと毛色が違うというか、日常系作品の正統な?雰囲気を持った作品でした。

 女子4人組の他愛の無い日常を描く、というスタンスですけど、その内ひとり下級生というのがチョット珍しいパターンかな?
 主人公「るん」が天然ボケ娘で、年下の幼馴染「トオル(女子です)」の一途な思い(笑)を受けてナントカ普通に過ごせているというか、トオルのフォローが無いとかなりヤバいような子なんですけど、同級生「ユー子」と「ナギ」がさらに支えている、という感じです。
 初回にトオルが金属バットを持って、るんに寄ってくる男子を追っ払っているシーンを観て「どんだけ乱暴な子なんだ?」と思ったんですけど、徐々に普通な?テンションになって来てホッとしたやらガッカリしたやら(笑)
 序盤の終わりにトオルの同級生二人組や気色悪い保健の先生が登場して賑やかになりましたけど、あまり周辺のエピソードが無かったのであくまで脇役というスタンスでした。

 1クール12話で作品中の時間が1年経過する、という駆け足な展開で、実世界と季節の乖離が激しく起こっていたのが気になりましたけど、原作のストックが少なかったようなので、仕方なかったのでしょうか?
 アニメ・オリジナルなエピソードがどれだけ入っていたのか、原作未読なのでわからないんですけど、元ネタのストックが足りないのにアニメ化してしまうのってどうなんでしょうね?
 そんなにネタがたりないんでしょうか??

 個々のエピソードは、ユルくてメリハリの少ない感じですけど、毒気も少なく安心感がありました。
 そう、ぼぉ~~~~~~~~っと観ていると心地よい感じ。
 キャラの絵柄がこれまたユルく、特徴的なんですけど内容に合ってて良いんじゃないかな~。

 なんかあまり細々したことを書き様が無いので、困ってしまいますけど、基本的には内容の希薄な萌えカテゴリーの日常系作品ということで、肩ひじ張って観るようなものじゃないです。
 ただただ波長が合うか合わないか、という程度のお話ですね。

 ニコ動で観ていると、コメントが流れて来る訳ですけど、ちょっとこの作品では目障りなコメントが多くて残念でしたね。
 何話からだったか忘れましたけど、嫌がらせのようなコメントが急激に増えて残念でした。
 低年齢層が多いニコ動ですけど、公式配信の動画でここまで荒れてるのは初めて見ました。
 聞く耳持たない、という感じで無意味かつ不快なコメントを投稿し続ける心理が理解出来ませんけど、やってる本人は軽い気持ちなんだろうなぁ。
 殆どコメントを消して観る羽目になったので、ニコ動らしい臨場感?が無くて残念でした。

 挿入歌とオマケ映像目当てに結局BD1巻を買ったんですけど、2巻目を買う前にうっかりレンタルDVDを借りてしまい、その中にもオマケがあることを知り、BD購入は途中で頓挫の危機です(笑)。
 挿入歌も後半に出たものはナンカやっつけ仕事的な?印象があって、ピンと来なかったので、その為だけに買うのはどうかなぁ~って、感じです。
 
 

 

« アスタロッテのおもちゃ ニコ動配信版 (4/18~7/6) | トップページ | それでも町は廻っている (~7/2) »

アニメ雑感2011」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Aチャンネル ニコ動配信版 (4/20~7/8):

« アスタロッテのおもちゃ ニコ動配信版 (4/18~7/6) | トップページ | それでも町は廻っている (~7/2) »