2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

無料ブログはココログ

« 日常 ニコ動配信版 (4/4~) | トップページ | あそびにいくよ (11/3~3/27) »

2011年4月 6日 (水)

かんなぎ (4/3~4)

 ニコ動でナゼか配信が始まりましたけど、一話目を観てしまった勢いでDVDを全話観返してしまいました(笑)。
 この作品、同時期に「我が家のお稲荷様」が放映されていましたよね(私はDVDで観ていたんだけど)、なんか和風神様モノが流行ってるのかなぁ、と思っていたんですけどちょっと印象が被ってみたりして?

 この作品は原作を先に知っていたので、どんな展開になるのか気がかりだったんですけど、ちょっとオリジナル要素が多い感じですね。 カラオケ回とか。
 未完の原作なので、どこで切るのか?がポイントなんですけど、まあ納得の落とし方でした。
 ただテーマ性というか、何を目指しているのか良く判らないんですが、未完のストーリーゆえ仕方ないんでしょうか。
 あるいはそういうのを期待してはイケナイ作品なんでしょうかねぇ…。
 ヒロインのナギの登場からして唐突なんですけど、ざんげちゃんといい、キャラが立っている割にその強烈さが向かう方向性が見えず、どうも何をやりたいのかハッキリしないです。
 物語中でもそれは本人たちが何故存在して何をすればよいのか思いを巡らせている部分もあるんですけど、原作コミックを読んだ範囲では、まだ明らかになっていません。
 なので当然アニメ中でも判る訳も無く、ナギの苦悩が始まった辺りで終わってしまいます。
 一応最初の壁にぶち当たって、それを乗り越えたところ(という程大きな山でもないかも)でまとめられています。

 そんな訳で基本的には萌えアニメなんだろうなぁ、と。
 キャラ的にはやっぱりナギのすちゃらかあっけらかんとした性格付けが面白いんですけど、次第に重くなって行くのが少々痛々しい気もします。
 原作ではもっと厳しい感じだったりしますけど、果たしてどう展開して行くのかとても気になります。
 原作者さんの体調も戻り連載再開も近いようですけど、お住まいが思いっきり被災地だったりしそうでそこが心配です。

 監督がヤマカンさんということで、なんか遊びの要素があれこれ詰め込まれていますけど、演出的に光る部分と、余計な部分が混在していて、今一つ手放しで素晴らしいと言えないかも。
 あくまで私個人の趣向ではありますけど、カラオケ回は余計だと思うなぁ。
 その分本筋を掘り下げて欲しかった。
 遊びっぽいOPも一応本編の伏線だったりして、1クールの枠内で色々と詰め込んであるのは良いと思います。
 全体のテンポはスムーズで一応メリハリも効いていて、一気に観ても苦にならないです。
 ただしDVDの最後にある番外編はもう一つな感じでした。
 リズムが淀むというか、引っ掛かるというか、なんかつかえる感じでパッとしない印象でした。 一応OPからの線が繋がっている、というかむしろOPに合わせて作ったのかな?

 画的にはキャラのデッサンが少々怪しくなるところが散見されますけど、平均の上くらいでしょうか?
 背景とか仙台周辺のリアルな描写があって、聖地巡礼でそこそこ賑わったみたいですけど、この度の震災でどうなってしまったんでしょうか…

 原作共々、続きが気になる作品ではあります。

« 日常 ニコ動配信版 (4/4~) | トップページ | あそびにいくよ (11/3~3/27) »

アニメ雑感2011」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かんなぎ (4/3~4):

« 日常 ニコ動配信版 (4/4~) | トップページ | あそびにいくよ (11/3~3/27) »