2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

無料ブログはココログ

« デュラララ! (3/8~11) | トップページ | LAST EXILE (3/21~24) »

2011年3月23日 (水)

ジパング (3/19~21)

地震の暗いニュースの中、ふらふらと手を伸ばしてしまいました(苦笑)

 どう考えても男性向け青年誌のマンガ原作の作品ですけど、時々行く定食屋さんに全巻揃っていて、たまにチラチラ読んでいたんですけど、内容はかなりハードなんですよね。

 設定自体はよくあるタイムスリップもので、現代の自衛隊の最新鋭イージス艦「みらい」が太平洋戦争当時にタイムスリップしたら?
 というお話です。

 全体的に男臭さムンムンな雰囲気ですけど、緻密なストーリーで、戦ってどうこうだけじゃなく、政治的な駆け引きを駆使してそれぞれの目的を達成しようとする登場人物達の描かれ方秀逸で、歴史云々を取り払って今の日本の置かれた状況を投影すると、現代社会の問題点を浮き彫りにして世間に問うているような?そんな大仰な見方も出来る作品です。

 というのは原作のお話なんですが、アニメ版は原作の序盤から中盤の入り口辺りで終わってしまい、非常に残念というか、伏線が殆ど何も回収されずに終わるという悲惨な状態になっています。

 理由は不明なんですけど、売れなかったのかなぁ~。
 デジタル技術を駆使した戦闘シーンとか、ある意味綺麗で見応えあると思うんですけど、内容の硬さが受けなかったんでしょうか?

 2本前のオカルト学院もタイムスリップものでしたけど、多々ある同系統の設定の作品で歴史改変の考え方が異なり、それを見て行くのも面白いと思います。
 この作品では「みらい」が存在していた時空とタイムスリップした後の時空との間で齟齬が発生し、主人公角松の父親が幼少の頃に事故死してしまっているというパラドックスが起きています。
 つまり既に同一軸線上の時空ではなくなってしまっている訳ですね。
 そもそも現在と過去の時空軸の存在としての考え方自体幾つかに分かれていると思うんですが、ひとつは既に確定されている現在は改変されないという考え方です。
 この作品の場合は確定した現代からその流れを遡った過去(たぶん)に飛ばされてしまった訳ですが、「みらい」がそこに出現した時点で時空軸が分岐して、もう元の時空軸に戻れなくなってしまった、と考えるのが適当かと思います。
 元の時空軸のに戻ることが可能という仮定で考えるなら、「みらい」が飛ばされたのは並行して存在していた元いた時空軸とは似て非なる時空軸でなくてはならず、そこでは例え時空軸の分岐が発生しても、元居た時空軸には影響が及ばないので、切っ掛けがあれば元の流れに復帰することが可能と考えられます。
 原作の後の方は読んでいないので、結末がどうなったのかは知らないんですけど、艦の乗員が随分死んでしまったという事実を考えると、元の時空軸に戻ることが出来なくなり、新たな時空で時を経て行くしかない、という展開が自然なんでしょうね…。

 SF作品としては結構ハードな部類に入り、突飛な導入部から導かれるストーリー展開は非常に緻密に計算された設定で、マンガとかアニメなんて領域を超越していると思います。
 ほんとよく出来たSF小説のような作りの作品なんですけど、返す返すも中途半端に切られたのが残念です。

 ストーリーは太平洋戦争当時、ミッドウェイ海戦のど真ん中にタイムスリップした護衛艦「みらい」のクルー達が当時の日本軍と米軍の戦いの中に巻き込まれ、歴史改変を防ぎ、これまで是としてきた専守防衛を守り通すことが出来るのか?、歴史に翻弄されながら自らの岐路を模索して元居た世界へ戻る道筋を探す、といったところですけど、本来ミッドウェイで戦死する筈だった日本海軍の情報将校草加を助けてしまったところから大きく変化が起きてしまいます。

 登場人物には歴史上の実在の軍人や政治家が登場します。
 これが良く似てるんですよね…、まあ絵なので写真を元に似せるのは簡単なんでしょうけど(笑)。

 この作品、萌の欠片すら無いので、最近乱造されている諸々の作品とは完全に違う次元を行ってます。
 水着回も温泉回もありません、主人公の幼馴染や転入生も登場しません(当たり前だ!w)。
 BL的見かたをすれば、まあ妄想は幾らでも…(ぉぃ)。
 草加は受けだと思う(笑)、ああイケナイいけない、私の領分とは違う地平の話をしてはいけませんね

 ちょっとシリアスな作品を観たい方にお勧めしますけど、半端な終わり方なのでフラストレーション溜まると思います(苦笑)
 続きは原作を読んでください、ということで…。

 私も久しぶりに定食屋さん行こうかな…(笑)

« デュラララ! (3/8~11) | トップページ | LAST EXILE (3/21~24) »

アニメ雑感2011」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジパング (3/19~21):

« デュラララ! (3/8~11) | トップページ | LAST EXILE (3/21~24) »