2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

無料ブログはココログ

« bps/バトルブログラマ・シラセ (12/19) | トップページ | Angel Beats! (6/23~12/23) »

2010年12月25日 (土)

究極超人あ~る (12/25)

今年も残り僅かなので、観た作品の数に日にちが足りなくなってきました(笑)
なので、ちょっと前後しますけどカレンダーを遡ってます

この作品懐かしいですね。
ずいぶん昔にコミックを読んだ記憶があるんですけど、内容は殆ど覚えていません(ぉぃ)
つい先日バンダイ・ビジュアルからOVAの廉価版DVDが出たので早速入手して観てみました。
原作はそこそこ長かったと思うんですけど、アニメ化されているのは僅かな部分だけで、原作を知らないと設定も何もワカラナイという構成で、これはもう原作ファンの為のサービス作品という感じですね。
私も観ながら原作の断片を呼び起こしてなんとか観れたという感じです。

1991年作品ということなので約20年前のものになります。
もちろんセルアニメですけど、TVシリーズにならなかったのは原作者の意向があったからとか?

主人公R田中一郎と光画部の面々が合宿に出かけるものの、JRのスタンプラリーを期限までに実行すれば旅費が無料になるという、実は光画部に敵対する?生徒会長の陰謀に乗せられて、というお話。
途中で起こる成原博士の妨害などドタバタ騒ぎを経て、果たして目的は達成出来るのでしょうか?という訳ですけど、全体のテイストは今から見るとやはり時代がかっているように思えます。
小ネタなんかも仕掛けられていますけど、元ネタがそれなりに古いものなので、理解するにはそれなりの知識と年齢とか必要かも? 私はどうもネタをネタとして見れるかどうか?という部分自体が怪しいです(笑)

DVDの収録時間は2時間以上ですけど、本編は70分少々で残りは実写のおまけ映像です。
声優さんが作品の舞台を紹介したり、イベントの模様などが入っています。
音響監督が千葉繁氏で顔出しコメントをしていますけど、ほんとパトレイバーのシバシゲオそっくりですね(笑)
そういえば「それでも町は廻っている」で久しぶりに声優千葉繁氏を見ました。
パトレイバーといえば、この作品の原作者が絡んでいるので(パトレイバーはアニメが原作)、キャラデザインが似ていて既視感を感じるものも…。

セルアニメかつ比較的古い作品にも関わらずOVAということで?作画は安定しているように思いますが、原版の状態か全体に色褪せたような印象で、最近の作品の画質に比べるとかなり落ちるのは仕方ないかな?

ちょっとノスタルジーに浸るギャグアニメという感じですけど、原作ファン以外が楽しめるか?というとチョット微妙な感じかも。
そもそも突飛なR君の設定とか、殆ど意味不明に襲ってくる成原博士の意味とかサッパリ解らないと思うので、作品の初っ端にテロップが出るように原作に目を通してからじゃないと楽しめないと思います。

12/27記

« bps/バトルブログラマ・シラセ (12/19) | トップページ | Angel Beats! (6/23~12/23) »

アニメ雑感2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 究極超人あ~る (12/25):

« bps/バトルブログラマ・シラセ (12/19) | トップページ | Angel Beats! (6/23~12/23) »