2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

無料ブログはココログ

« ストライクウィッチーズⅡ (7/17~) | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト 復活編 (7/18) »

2010年7月18日 (日)

G.A芸術科アートデザインクラス (7/14~18)

もちろん配信動画以外にも観てますよ~。

この作品、「ひだまりスケッチ」と同じ雑誌に連載されている4コマ漫画原作なんだそうですけど、どうして舞台設定がダブる作品を並行して掲載しているのか不思議だったんですが、観てなんとなくナットクしました。

「ひだまり」が文字通りひだまり荘の住人を中心とした生活風景に重点を置いた視点で構成されているのに対して、「G.A」は美術系クラスでの創作活動を絡めた視点でストーリーが進行するという違いがあるんですね。

「ひだまり」でも創作活動自体に絡んだ話は時々出て来ますが、あまりアーティスティックな描写は無く、割と表面的な部分でアートを絡めているという感じです。
「G.A」では結構突っ込んだアートネタがふんだんに盛り込まれていて、一種のあるある系な作品になっています。 よくあるアニメやゲームの小ネタを仕込んだ作品のネタがアート系になった感じ?

元が4コマなので、各話ストーリーはブツ切り感があるんですけど、ある程度原作から再構成しているそうで、関連する話題をまとめ直しているので観易くはなっているのではないでしょうか?
アート系のネタだらけ、といっても美術の時間の延長線上のような話題が多いので、全く知らない人でもそう困るような内容では無いです。
どちらかといえば興味を湧かせるような構成になっているので、結構すんなり入っていけるんじゃないかと思われます。
基本的にはギャグを散りばめたコメディ路線なので、シリアスの欠片もありませんが(笑)、それなり参考になるかもしれません。

各話テーマが振られていて、学校の課題であったり、キャラ同士の話題で上った手法の話だったりと、1話完結のようなスタイルで構成されています。
蛇足ですが、EDも数話ごとに異なっていて、画面の下に登場するメインキャラの姿が少しずつ成長するようになっています。
さらにED曲もアレンジと歌詞が異なるバージョンが数種類あり、毎回異なる組み合わせになります。

個人的にですけど、一応主人公っぽい「如月」の大村昆のようなズレた眼鏡が物凄く気になってしょうがないんですけど…。 見てると直したくなるんですが(苦笑)

全体の印象は意外と真面目で、アートする心の楽しさというか、お手軽美術入門のような雰囲気もあり、知的好奇心をくすぐる部分もあります。
最近の萌えだけアニメからはやや離れた位置にあると思いますが、その辺りは各自の捉え方もあるので一概には言えません。
画柄的に果たして萌えるんでしょうか?、というのもあるんですけど(謎)

画的にはキャラデザインが結構癖のある漫画チックなスタイルで好き嫌いが出るかもしれません。
背景は緩いけれど結構描き込まれているかな?
画の乱れはこれと入って無く、とても安定して見えました。 元が割とくずれた感じで気付かないだけかもしれないけど…。

「ひだまり」「スケッチブック」「G.A」と美術系学校を舞台とした作品を観て来ましたけど、それぞれ同じような舞台設定の割にはそれぞれ違った視点で描かれていて、しかもハズレが無いというのも凄いと思います。
やはりモチーフとして面白味がある素材ということなんでしょうかね…。

« ストライクウィッチーズⅡ (7/17~) | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト 復活編 (7/18) »

アニメ雑感2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: G.A芸術科アートデザインクラス (7/14~18):

« ストライクウィッチーズⅡ (7/17~) | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト 復活編 (7/18) »