2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

無料ブログはココログ

« にゃんこい (3/23~6/26) | トップページ | けんぷファー (4/4~7/2) »

2010年6月30日 (水)

姫様ご用心 (6/24~26)

本当は昨日の内に書いておきたかったんですけど、ついサッカーを見てしまって(笑)
とても残念な試合でしたけど、代表チームの頑張りには感動しました。
駒野さんも胸を張って帰って来て欲しいです。

さて、この作品もちょっと残念な感じでした(ぉぃ)。
残念の意味合いが違いますけど…。

本当は1日か2日で観切るつもりだったんですけど、なんかすっごく苦痛になってきて3日も掛ってしまいました。
これって子供向けなのかなぁ~?
何を狙っているのか良くワカラナイ作品でした。

基本的にはドタバタ・ギャグだと思うんですけど、話が無茶振りの連続で、しかも薄っぺらい内容と相まって、観ていてそれ程というか何が面白いのかワカラナイです。
見様によってはシュールなんですけど、それが狙っているとしたらピントはずれなんじゃないかな、と。

画柄とか話の持って行き方なんか見ていると凄く前の作品にように思えるんですけど、なんと2006年!
全体の作りが古臭いんですよね。
この年って「ハルヒ」の一期目をやっていた時なんですけど…。ちょっと極端な対比ではありますが。

ストーリーは、主人公の姫子がひょんなことから王冠を手に入れ、それを被ったところから転がり始めるドタバタ劇です。
王冠の本来の持ち主ナーナと王冠を盗み出した男女の泥棒、そして隣国の王子とうそぶく少年達が絡んで、ナントカ王冠を手に入れようと画策しますが、毎回騒動を起こすだけで上手くいかず、そうこうしている内に突然猫型宇宙人が現れるわで、とにかく落ち着きが無い位騒がしい展開です。
王冠は姫子の頭から外れ無くなり、世界は姫子を中心に回り出す(大げさ)という強烈な振りから始まり、終盤で本来の持ち主ナーナの元に王冠が戻ってから狂い始める世界、この辺りは何か皮肉っているように思いますけど、最後は収まるべきところに落ち着くのか?という…。

子供向けにしては笑いの壺が良く判らないし、おっきなお友達向けにしては薄い、薄過ぎる…。

画柄は先にも触れたように、なんか時代がかっていて、古き良き時代の少女漫画みたいな雰囲気なんですけど、もしかしてこれも狙っているのかなぁ~。
程ほどに安定しているように思えますけど、全体のクオリティも描き込み具合とか動きなんかに期待する方が無理って雰囲気なので、まあ程ほどです(苦笑)

« にゃんこい (3/23~6/26) | トップページ | けんぷファー (4/4~7/2) »

アニメ雑感2010」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 姫様ご用心 (6/24~26):

« にゃんこい (3/23~6/26) | トップページ | けんぷファー (4/4~7/2) »