2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

無料ブログはココログ

« BLACK LAGOON The Second Barrage (5/29~31) | トップページ | 生徒会の一存 (1/17~6/1) »

2010年6月 1日 (火)

ヨコハマ買い出し紀行 (6/1)

以前ほぼ同じタイトルの作品について書いて言いますが、これは同じ原作を元に最初に作られたOVAです。

実は前回の作品を観た後で原作を買って読んでみたんですが…、見事にハマりました(笑)
いや、これはすごいですよ。 世界観がナントモ言いようのない設定で、世界の黄昏が淡々と描かれているという、その背景を注視すると鳥肌が立ちそうな感覚が襲ってきます。
そうか、こういう風に人は滅びて行くのか…と。
しかし作品中には人が死んで行く描写なんて出て来ませんし、陰鬱な感じもありません。
ただただ淡々とした時間が流れて行くだけ。
影のあるARIAという感じでしょうか?

で、このOVA作品ですが、1998年制作なのでセル時代のものですね。
それがDVD化されたのが2000年となっていますので10年以上前のモノということになります。
私が入手したのは元々VHS版2巻でリリースされたものを1枚のDVDにまとめたモノで、お手頃な値段で今でもアマゾンなどで新品が入手出来ます。
こちらの方が取り上げられているエピソードが多く、ココネや先生といった前回紹介したものに登場しなかったキャラも出て来ます。
中の人は一部変わっていますが、主人公アルファは椎名へきるさんで変わらずです。

こちらの方が原作のイメージに忠実で、ストーリー自体は抜粋されているので連続はしていませんが(原作も割とブツ切り感あり)、雰囲気はより近いです。
ただ新しい方も問題無い位原作のイメージが出ているので、あくまで一定水準以上での比較です。

但し、制作年が古いということもあり今の水準からするとかなり画的な乱れがあります。
また原版自体の問題なのか? 画面の色調が極端に変わったり、明暗の度合いがばらついていたりします。
VHS版がどうだったのか知る術もありませんが、一応そういうレベルだと覚悟して観てください。

音楽はこちらのバージョンではゴンチチが担当していますが、良い感じにマッチしています。 というか、それも売りだったようです。

マッタリ感は十分以上ある作品なので、ちょっと疲れている時に観ると、よく眠れます(ぉぃ) 私も後半ちょっと寝ちゃいました(苦笑)

« BLACK LAGOON The Second Barrage (5/29~31) | トップページ | 生徒会の一存 (1/17~6/1) »

アニメ雑感2010」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨコハマ買い出し紀行 (6/1):

« BLACK LAGOON The Second Barrage (5/29~31) | トップページ | 生徒会の一存 (1/17~6/1) »