2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

無料ブログはココログ

« RD 潜脳調査室 (4/25~5/2) | トップページ | おまもりひまり (5/4~) »

2010年5月 5日 (水)

夏のあらし!春夏冬中 (5/3)

片付けものやお買い物も大体片付いたので、3日はDVDの整理をしつつ、あれこれ作品を観ていました。
そんな中で、一応全話完走したのがこれです。

2期目ということで、シリーズの終わりを予想していたんですが、

あれ?終わらない?!

前期もラストは特に最終回っぽく無い終わり方でしたが、今回も特に大きな出来事も無く、なんとなく終わってしまいました…。

3期目アリですか、そうですか…。

引き続き作品の雰囲気は「昭和」全開ですが、前期でメインのようになっていた「大戦中へ飛んで誰かを救う」的イベントが無く!、なんか「箱舟」でのgdgdな日常がメインとなってしまいます。
大きなイベントは潤の「女の子」を巡るドタバタと、アラシとハジメの恋愛感情?にまつわる話が双璧でした。
原作は読んだこと無いので判りませんが、DVDのオマケ冊子によるとアニメ・オリジナル色が強くなっているようで、原作者が脚本・絵コンテをおこした回もあったりします。

最も重要なストーリーはメインのふたりの夏は終わるのか?、というところですが、少なくともこの作品では終わりません。
ただ過去の例を引き合いに出して、アラシがこの先を暗示するようなことを言ったり、ハジメが何やら書いている物語の中で、妄想として登場したりしますが、結局のところ不明です。

相変わらずパラドックス・ネタが多々出て来ますが、何か次第に適当になっているような気がします…(汗)

全体的にストーリーはお気軽展開で、「加奈子とやよい恒例のアレ」が劇中のグラサンの注文にまで拡大するとか、特撮シーン(笑)挿入、アニメや特撮モノのパロディなどなど、相変わらずやりたい放題色々凝った演出がされています。

今期はちょっとテーマ性は薄れ、コメディ色がかなり強い仕上がりになっていますが、昭和歌謡を存分に?楽しみつつ、お気楽なストーリーで笑い飛ばせる、ということでまあまあな仕上がりになっているんじゃないでしょうか?

« RD 潜脳調査室 (4/25~5/2) | トップページ | おまもりひまり (5/4~) »

アニメ雑感2010」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏のあらし!春夏冬中 (5/3):

« RD 潜脳調査室 (4/25~5/2) | トップページ | おまもりひまり (5/4~) »