2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

無料ブログはココログ

« 私的アニソンランキングTOP30 ゆったりじっくり編 選考理由 | トップページ | 大江戸ロケット (4/12~22) »

2010年4月24日 (土)

私的アニソンランキングTOP30 ポジティブ・アッパー編 選考理由

引き続き、2本目「私的アニソンランキングTOP30 ポジティブ・アッパー編」の選考理由を書いて行きます。

エンコードに手間取って大幅に遅くなってしまいました(汗)

こちらも選考基準は変わりません。劇場作品も含まれています。
どちらかというと、「歌詞がポジティブ」という部分で推している曲が多いです。
どうも私の好み的にそうなってしまうようで…。
年代的にはこちらのほうがバラつきが多いです。

30位 Programming for non-fiction 「よくわかる現代魔法」 ED 麻生夏子

わりと最近の曲ですけど、初見で結構気に入ってしまいました。
私的に作品自体は微妙な感じなんですが(視聴途中)、音楽は割と気に入っています。
ランキング作ったら入れよう、と思っていたので一応入れてみました(笑)

29位 恋せよ女の子 「極上生徒会」 OP 田村ゆかり

曲全体のイメージが私の感覚だと実は微妙なんですけど…、ちょっと可愛らしすぎて恥ずかしい?、そんな感じです。
しかしですね~歌詞が結構面白いんですよね。
読み取り方によっては、腹黒な女の子とも取れそうな(苦笑)、なかなか前向きな曲です。

28位 Love Power 「乙女はお姉さまに恋してる」 OP Aice5

EDと迷ってこちらにしました。
元々H系のゲーム原作ということですが、結構面白い作品でした。
OP/EDはアニメの為に新規に作られたようですが、いずれも明るくて前向きな感じの曲です。
EDの方が画的にはインパクトあるんですが(笑)、OPの声優ユニットの方が元気度が高いように思いますので、こちらを推しました。

27位 セキレイ 「セキレイ」 OP 早見沙織、井上麻里奈、花澤香菜、遠藤綾

格闘系っぽい勇ましい曲です。
ある意味アニソンっぽいアニソンですよね。
おっぱい系作品で微妙な空気があるかと思いきや?実はうちのプチアニ研での評価が高かったりします。
カラッとしてて良いんですよね、変なイヤラシサやネチッコさが無い、この曲もそんな感じです。

26位 そして僕は…「PRISM ARK」 OP 榊原ゆい

作品的には、私はちょっといただけないんですけど、この曲は印象的です。
これもアニソンっぽいイメージで、「うんファンタジーだね」という感じです。
詞は作品世界のイメージのようですが、突っ走っているメロディと共に良い感じじゃないですか?

25位 晴れのちハレ!「かみちゅ!」 OP 富田麻帆

この曲はカワイイですよね~。
曲のタイトル通り一点の曇りも無い歌詞がすばらしいです。
なんか「みんなのうた」でも通用しそうな感じです。

24位 絶対カラフル宣言 「みなみけ おかえり」 ED 佐藤利奈、井上麻里奈、茅原実里

この選曲にはかなり悩みました。
「みなみけ」シリーズから1曲入れるつもりではいたんですが、OP/ED都合6曲から4曲ふるい落として、ココロノツバサとこちらで4回位聴き直して選びました(苦笑)
「経験値」2曲は妙に合いの手?が入るのがチョット苦手で、「カラフルDAYS」はもうひとつピンと来ず、「その声が聴きたくて」はもう一本のランキングの候補だったけれど落選…。
いずれの曲も明るく、前向きな歌詞が光る曲ですけど、同じ人(?)が作詞しているのが興味深いです。

23位 クロス*ハート 「京四郎と永遠の空」 OP CooRie

え~妙にエッチぃ背景になってしまいました。 なんか良い素材が見付からなくて…。
EDと共にランクインですけど、この作品も音楽が良いんですよね。
EDとはうって変わって、明るく可愛らしい曲です。
このメロディラインがなんか心地よくて好きなんですよね。

22位 止マレ! 「涼宮ハルヒの憂鬱 2期」 ED 平野綾、茅原実里、後藤邑子

2期目のハルヒはOP/EDとも何やら走っていますけど、私はこちらの曲の方が好きです。
今期もまあ色々とお騒がせな作品でしたけど、相変わらず音楽は良い感じでした。

21位 Treasure 「生徒会の一存」 OP 本多真梨子。斉藤佑圭、富樫美鈴、堀中優希

この作品も結構新しいですけど、この曲も初見で気に入ってしまいましたね。
作品は視聴途中で、巷では色々評価があるようですけど、私的には意外に面白く感じています。
作品の中身とは対照的に、良く出来たOP曲です。
ただし作品のイメージに合っているか?というと…最後まで観ないとワカリマセンね。
EDの方は毎回変わり、それがまたナントいうか…ある意味無茶苦茶な曲なんですけど…。

20位 宇宙は少女のともだちさっ 「宇宙をかける少女」 前期ED MAKO、遠藤綾、牧野由依

この作品、前半と後半ではOP/EDともガラッと雰囲気が変わってしまいます。
前半はOPがアリプロで「なんぞ?」という感じだったんですが、EDがこの曲でなんとまあ可愛らしいことでしょう! もうハジケ具合が良いですね。
作詞は畑亜貴さん。 う~~ん、この人は一体どれだけの引き出しを持っているんでしょうね?

19位 地球Merry-Go-Round 「住めば都のコスモス荘すっとこ大戦ドッコイダー」 ED 植田佳奈

音源を確保するためにCD買いました(゚ー゚; しかもアルバム(笑)
レンタルが無い時点でもうマイナー確定のような感じですが、私は隠れた名曲だと思います。
行間を読むとなかなか考えさせられる歌詞ですが、明るく軽いメロディでスムースに歌われています。
メロディのアレンジが心地よくて随分聴き込んでしまいました。

18位 パズル 「N・H・Kにようこそ」 前期OP ROUND TABLE feat.NINO

これも私的には微妙な作品なんですけど、このOPは印象的でした。
作品の中身と対照的で…。

17位 STRIKE WITCHES~わたしにできること~ 「ストライクウィッチーズ」 OP 石田燿子

パンツじゃないから恥ずかしくないモン!(笑) ホントかぃ?
いろんな意味で突き抜けている曲と作品ですが、意外とこれもプチアニ研での評判は良いです。 あぁカワイイね、そうカワイイね…。
直ぐ聴き飽きるかと思ったら、案外そうでも無くって、いまだに時々聴いています。

16位 流れ星☆ 「成恵の世界」 OP CooRie

知る人ぞ知る的作品なんでしょうか? 原作は超スローペースで連載されていて、今も続いていますが、その序盤だけがアニメ化されています。
OPアニメはかなり疾走感のある映像だったので、この曲のイメージも走っている感じなんですが、詞もしっかり走っています。
rinoさんの詞は、キチンと作品のイメージを捉えていて、どれも良いんですよね~。

15位 1st Priority 「ストラトス・フォー」 OP メロキュア

背景がAdvanceのになっていますが気にしないように(苦笑) 素材が無かったんです。
この曲はシリーズ最初のOP曲です。
メロディが結構好きなんですが、詞が面白いというかナンカ揺らいでいるんですよね。
いっけん理知的に考えているかと思えば、最後には思いこみでもナンデモOKになってしまっているという…。 大丈夫かぃ?!
という意外性のあるストーリーが珍しい曲です。

14位 苺すぷらっしゅ 「苺ましまろ encore」 OP 生天目仁美、千葉紗子、折笠富美子、川澄綾子、能登麻美子

苺ましまろシリーズで最初に観たのが実はこのencoreで、このOPはインパクト強かったです。
メロディのアレンジがワールド・ミュージック好きにはポイント高いです(笑)。
この作品では美羽が比較的大人しかった?ので、まだ観れたんですけど、どうもイマイチ反りの合わないシリーズではあります。

13位 Perfect World 「狼と香辛料Ⅱ」 ED ROCKY CHACK

メロディラインがとても良いです。 殆ど途切れない感じで編集するときに何処で切るかホントに悩みました。
歌詞はお互い好き合っていながら、ちゃんと伝えられないというもどかしいものですが、お互いの思いが篤く感じられます。

12位 Future Stream 「初恋限定。-ハツコイリミテッド-」 OP スフィア

この曲も声優さんユニットですが、このユニットの曲はどれも元気一杯って感じでいいですね。
元気の良いメロディに、歌詞が物凄く前向きで、果てしなく上昇志向というか、引っ張り上げられるような高揚感があります。
このユニット畑亜貴氏が専属作詞家のようになっていますが、よく合っているんですよね。

11位 ナガレボシ 「夜桜四重奏」 ED ROUND TABLE feat.NINO

誰かを守りたい、という強い気持ちを謳った曲です。
この曲もメロディラインが滑らかで心地よいです。
「夜桜」はOP/ED共に良い曲ですが、明るいイメージのこちらを選んでみました。

10位 Dear My Friend-まだ見ぬ未来へ 「とある科学の超電磁砲」 前期ED ELISA

最初はもう一本の方へ入れていたんですが、ややテンポが速く感じたのでこちらへ引っ越しました。
友情を謳った歌詞がシンプルで解りやすいです。 正しいアニソンという感じですね。
ELISAの声には独特の揺らぎがあって、ちょっと耳に残ります。 Liaの声質に似てるのかもしれませんが、あそこまでクリアでは無いかな?

9位 Special Days 「S・A~スペシャル・エー~(明Ver.)」 前期OPキャラソン 生天目仁美

これはキャラソンCDに入っているキャラソン版です。
明役の生天目仁美さんが歌っています。 正OPは後藤邑子さんが歌っていますが、率直に言って、こちらの方が上手い…。 高音の伸びが良くて発音がハッキリしています。
詞が面白くて、何か頭の中に賑やかなクラスの映像が浮かびそうな感じで、走り続けるメロディと相まって、爽快感があります。

8位 only my railgun 「とある科学の超電磁砲」 前期OP fripside 

普通の人が聴くと、タイトルからして意味不明だと思います(笑)。
歌詞にも出て来ますけど、作品の内容に沿った詞なので、視聴者にはスンナリ入って来ると思います。 そういう意味で本来のアニソンらしいアニソンが現代風になると、こうなるというお手本のような感じがします(大げさ?)。

7位 輪舞-revolution 「少女革命ウテナ」 OP 奥井雅美

作品はまだ観ていないんですが、視聴予定リストのかなり上位にはあります。
第一印象は「カッコイイ曲!」ですが、詞を読むとなかなか奥が深い、というか意味深ですね。
メロディはやや時代がかっていますが、この詞と相まって良い雰囲気が出ています。
多分作品の世界観を下敷きにしているので、知らずに聴くと意味不明かもしれませんが…。
この作品、EDも個性的な曲で後期のEDは、なんかアブナイ空気すら感じます。

6位 PHANTOM MINDS 「Magical Girl Lyrical NANOHA The MOVIE 1st」テーマ曲 水樹奈々

「なのは」TVシリーズは皆さん聴き飽きていると思って全てパスしたんですが、つい最近公開された映画版の曲を入れてしまいました。
残念ながら映画は観ていないんですが、この曲はたまたま聴いて一目ぼれ状態です。
最初の主題部分のメロディとアレンジが結構好きです。 クラシックでは第一主題になるんだろうけど、ポピュラーではAメロ?
歌詞にストーリーがあって、行間を埋めて行くと何か映像が頭の中に浮かんできそうです。
こういう感じの詞を書くのが上手いですよね、水樹さん。

5位 流星レコード 「ひだまりスケッチX365」 ED marble

私的アニソンランキングTOP30女性編で「芽生えドライブ」を入れていましたけど、今回はこちらも入れてしまいました。
ええ、どうしても好きなんですよ(笑)
ちなみ最新作の「X☆☆☆」のエンディング「さくらさくら咲く」も初見でズギューン!という感じです(謎笑) 締め切りに音源が間に合わなくて今回入れられなかったのが激しく残念です。
歌詞は友情を謳ったものですが、ちょっと切なくもあり、暖かくもあり、走り続けるメロディがEDアニメのイメージに合い過ぎていて、鳥肌立つくらいイメージが掻き立てられます。
この曲にしろ、「さくら~」にしろ、この作品のEDはいずれ来る別れを感じさせるものになっていますね。

4位 Super Noisy Nova 「宙のまにまに」 ED スフィア

スフィア2曲目ですが、これも畑亜貴氏の仕事ですね。
これもメロディ共々走りまくっています(笑)
この曲もそうですが、理詰めではなく感覚に訴えかけるような詞を出してくるんですよね。
もう何も言えないくらい好きです(゚ー゚)

3位 マジックナンバー 「こばと。」 OP 坂本真綾

真綾の作詞ですが、「こばと」のイメージ一杯な詞です。 ホント呆れるくらい前向きです。
メロディも全力では無いけど走っていて、そうですね100mじゃなくて1000mを走るという感じでしょうか。
聴いていると元気が出てきます。
今教育テレビで再放送していますけど、うんゴールデンタイムに流しても全然OKですよ!

2位 サクラ アマネク セカイ 「D.C.2 S.S.」 OP yozuca*

作品のタイトルながっ!(笑)
ダ・カーポ・シリーズも長いですが、私はまだ無印を観終わっただけなので、ここまで辿り着くのは何時になるやら?
この曲はアニメ復帰直後くらいから知っていて、かなりお気に入りなんですが、これも殆ど一目ぼれですね。
サビの詞とメロディが好きです。
他のシリーズのOPも結構好きですが、やはりこの曲が一番かなと。
ちょっとイントロ部分が長くて、2位なのに一番長くなってしまいました(苦笑)

1位 マメシバ 「地球少女アルジュナ」 ED 坂本真綾

すみません。 また真綾です(笑) 好きなんです、どうしても(゚ー゚;
この作品、EDがこれ以外にも沢山あって、一応一番多く流れたのがこの曲、ということになっています。
作品の性質もあるんでしょうが、強い意志とか一途さのようなイメージを強く感じる詞です。
真綾の詞は作品のテーマとかイメージを外さず実に巧みに書かれていて、いつも感心します。
菅野氏のメロディも心地よく流れていて、聴いている耳を逸らしません。

という30曲でしたが、如何でしたか?
アップテンポと言いつつも、アレグロくらいの曲が多かったですね。
アニソンに限らずビートで押しまくるような曲ってちょっと苦手なので、まあこんな感じです。

2本のランキングを選ぶにあたって、最初にチョイスした曲数はそれぞれ70曲位ずつありまして、そこから絞り込む過程でニコ動で目にすることの多い曲は殿堂入りということでふるい落としました。
もちろん全部ではありませんけど、それは私的にどうしても譲れない曲ということです。
新しい曲は聴き込みが足りなかったりすることもあり、積極的には選んではいませんが、初見で気に入ってしまった曲は入れています。 それでも気に入っているだけに回数的には結構聴いている筈です。

ニコ動視聴者に多いと思われる10代~20代の人がリアルタイムで観ていた子供向けアニメは私の中ではスッポリとブランクになっている時期なので、その辺りの曲は殆ど知りません。
例えば良く見かけるところでレイアースとかゾイドとかデジキャラットとか?その辺りです。
作品を色々観るにあたって、最近のものから遡る傾向ではありますけど、流石にもう子供向けアニメは観れないので、多分この先もその辺りの曲が出てくる可能性は低いかもです。

今回も意図したわけではありませんが、男性ヴォーカルの曲はありませんでした。
やはりジャンル的に遭遇する可能性が低いので、存在すら知らない曲が多いんだろうと思います。
少なくともここ最近観た作品の中でも男性が歌っているOP/EDがあったのってサンレッドと空中ブランコ、サマーウォーズ位? しかもサンレッド以外はタイアップだったりします。
熱血展開のロボットものやスポーツ系、あるいはBL作品とかを観ると沢山あるんでしょうが…。

また機会がありましたら作ってうpしたいと思います。
ご視聴ありがとうございました。 

« 私的アニソンランキングTOP30 ゆったりじっくり編 選考理由 | トップページ | 大江戸ロケット (4/12~22) »

ニコニコ動画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 私的アニソンランキングTOP30 ゆったりじっくり編 選考理由 | トップページ | 大江戸ロケット (4/12~22) »