2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

無料ブログはココログ

« CANAAN (12/29~) | トップページ | 東のエデン (8/9~12/31) »

2009年12月30日 (水)

桜蘭高校ホスト部 (12/21~30)

この作品はネットで「意外に良い!」という評判で気になっていたものです。
なんとなくいかがわしげなタイトルとBL系っぽい絵柄が気になって、見かけてもちょっと敬遠していたんですけど、ちょっと勇気をだしてw観てみました。

いやぁ~~~これはいいですよ!そこのお兄さん!!(・∀・)イイ!
いや、お姉さんでもいいや(笑)

基本設定は逆ハーレムもの?なんですけど、よき少女漫画らしい?清々しさがあっていいのと、ストーリー展開や演出が上手い!ちょっと古臭さもあったりするけど。

事前知識無しで観始めたのでハルヒ君が女の子だった!っていうのは驚きましたけど(笑)、まあお話はそれがなければ始まらないわけで…。
観終わったあとで色々調べたところでは、この原作漫画はまだ連載中ということで、エンディングはオリジナルとなっている訳ですけど、これが結構上手く落としてあるんですよね。
原作は読んだこと無いので、アニメとどう違うとか知らないんですけど、そんなこと気にする必要も無いくらい綺麗に落ちてるかな?と。

基本的にコメディで、ギャグ満載なんですが、時々ホロッとくるようなエピソードも挟まれていて、後半になって出てくるホスト部員の生い立ちとか結構シリアスだったりしますが、それゆえに立ち位置がこうなってます的なところが判るのが面白いところです。
普通は序盤に持ってきてしまって後はダレてしまったりするのですけど。
そのあたり上手く構成されていて、バランスが取れていて良いんじゃないかな?

メインキャラ以外の人達はちょっと少なめで、時々インパクトある人も登場しますけど(ボサノバ君とかw)、長続きしないですね。
そのまま居座ってしまった「れんげちゃん」を除いて(笑) なんで「強力モーター」なのか理解不明なんですけど・・・。 なかなか優秀な?狂言回しだと思うです。
ハルヒを巡る恋模様、というか明らかに「自分のものにしたい!」という行動を起こすキャラがホスト部員から出なかったのがこの作品のポイントかな、と思うです。
環のハルヒに対する思いが一番表に出ている訳ですが、妙にベクトルがズレていて、恋愛感情じゃなくなっていたり、双子の片方、光のゆらぎとか、見てるともどかしかったりしますが、その辺りなかなか上手いです。
ラストの環の行動も、なんかあれだけじゃハルヒを射止めたことにはならないよねぇ。
というかハルヒ自身の自覚が・・・。
それ以外にホスト部の外から直球勝負で挑んでくるゲストキャラ達が、ことごとくハルヒに振られまくるのもある意味清々しいかも?
普通はある程度ひっかき回して、主人公の心情的変化を引っ張り出す伏線にされたりするものでしょうけど、あまりそんな感じでは扱われていなかったりします。
軽井沢の一件は光との関係が一歩抜きん出るか?と思ったんですが、意外とあまり変化せず? ただ双子の間の空気感がちょっと変わり始めるキッカケという意味では重要な事件だったんじゃないかな?

そんなこんなで26話観終わったわけですけど、テンポが良くて暗い部分も殆ど無く、なんというか良い意味で少女漫画らしい作品です。
うん、たまにはこういう心がささくれない優しい作品も良いかも。
女性だけじゃなく、男性も割と観て楽しめるんじゃないかと思います。

« CANAAN (12/29~) | トップページ | 東のエデン (8/9~12/31) »

アニメ雑感2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜蘭高校ホスト部 (12/21~30):

« CANAAN (12/29~) | トップページ | 東のエデン (8/9~12/31) »