2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

無料ブログはココログ

« 少し整理を・・・ | トップページ | 夜明け前より瑠璃色な (9/15) »

2009年9月14日 (月)

Venus Versus Virus (9/13~14)

これもキャビネットで埃を被っていた作品です(゚ー゚;

レンタル店でパッケージを見てなんとなく借りてきたので、あまり期待していなかったんですけど、ちょっと意外な展開で「おぉ?」という感じです。 アヤカシ系とでも言いましょうか? 韻を踏んだタイトルがオシャレ?ですけど…。

常人には見えないヴァイアラス(=魔人)を退治することを生業とするルチアが落とした母親リリスの形見のペンダントを拾ったごく普通の女子高生?スミレは、それをキッカケにヴァイアラスを見ることが出来るようになり、ルチアと共に退治人稼業をする破目になります。

リリスは錬金術師?デメールの元でリシュフ、ナハシュと共に修行をしていたけれど、デメールが死去、世界の真理を模索していたリシュフはリリスと結ばれながらも出奔し、求める真理を得る為には人として生きられないと結論付け自らヴァイアラスとなりリリスの元に戻って彼女のフラグメント(=魂)を奪うために実の娘の目前で殺してしまいまが、結局は失敗、フラグメントは光の粒子となって消え去ってしまいます。 その実の娘こそルチアで、ナハシュが保護して日本へ逃れて来ます。 

で、ルチアは母の復讐のためにリフシュを探しつつ魔人退治に明け暮れていますが、スミレを仲間にすることでより、より多くの魔人を引き付ける餌に出来る(魔人が見れる人に魔人は寄って来る)と考えていましたが、魔人攻撃のワクチンに反応してバーサーク化(生きたワクチンと化して暴走)し超人的な攻撃力を発揮することが解ります。

一緒にルチアが経営する?店に暮らすようになったスミレはルチアに好意を抱くようになりますが、ルチアの隠された生い立ちを知らずにトレーニングや抗体試験を続けることになります。

スミレはある時、与織という高校生と出会い恋心を抱きますが、魔人との戦闘に巻き込んでしまい、これ以上危ない目に遭わせる訳にはならないと一時避けるようになりますが、与織の「自分がスミレを守る」という意志に心を絆されます。

恋する乙女がパワーアップと思いきや、思わぬ展開が待っていたのでしたぁ~! ということで、あまりネタバレというかあらすじ書くのも面倒なので(ぉぃ)このへんにしておきます(笑)

見ているうちに、「与織が胡散臭い」のが見え見えだったんですが、案の定、敵方に取り込まれてしまった!と思っていると、これが幹部だったりして…。 さらに最初に意味ありげにスミレ達を襲ってきた魔人かと思われていた敵はワクチンが効かず、物理攻撃じゃないとダメージを与えられないとか、更に敵ボスの正体が二段重ねになっていて、ラスボスがやっぱりリフシュだったりと、結構意外な展開が隠れています。

さらに与織の素性を疑うルチアはスミレに彼に近付かないように進言したことから、スミレは与織を信じる道を選びますが、そこからはお約束のようにクライマックスに向けて話が転がって行きます。

詳細は省きますけど、結果的にリリスのフラグメントはルチアとスミレに2分されて存在することが解り、リフシュは二人を取り込んでフラグメントの再構成を狙います。 終盤で誤解したルチアがスミレの目の前で与織を殺してしまい、自らの怒りのみでバーサーク化したスミレはリフシュに連れ去られますが、この時点で残りの尺はごく僅か! 2期へ続くのか?と思っていたら、ルチアはスミレを取り戻しために、再度リフシュに戦いを挑み、フラグメントの覚醒をされたとスミレと闘うことになります。 僅かに残ったスミレ本来の心に希望を繋ぎ自らの力を解放するルチアが放った光にリフシュは飲み込まれて消滅、しかしスミレやルチアのその後もわからなくなって…。

ラストシーンはなんとも言えない虚無感を感じるシーンなんですが、どう解釈しましょうか…?? 女同士の友情、恋人と友人どちらを信じるかという葛藤とか、浅いけど一応考えるところはあります。 全体的にちょっと切ない展開ですね。

う~~~ん、安普請な感じではありますが、意外と良いストーリーでした。 終盤の全力疾走な詰め込み展開が目まぐるしくて、特に最終話は余りの飛ばしように、未完で終るのかと思った位です(汗) 2クールで、もう少しストーリーを作りこんでも良かったんじゃないかな~。

« 少し整理を・・・ | トップページ | 夜明け前より瑠璃色な (9/15) »

アニメ雑感2009」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Venus Versus Virus (9/13~14):

« 少し整理を・・・ | トップページ | 夜明け前より瑠璃色な (9/15) »