2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

無料ブログはココログ

« TOP25選考基準? | トップページ | 20位~16位 »

2009年6月25日 (木)

25位~21位

では、ランキングを振り返って見ましょう。
25位〜18位は実は基本点数割り振りでは同点です(ぉぃ)。
印象加点で順位を振っていますけど、今見直せば多分大地殻変動を起こしますw
あと、ネタばれ注意です。

25位 星界の紋章シリーズ

 「銀河英雄伝説」を見終わって、似たようなテイストの作品を探していた時にレンタルショップで見つけた作品。
 まったくプロットの異なる作品だったわけですがw、あぁ登場人物たちのなんというマッタリ感。SF戦争もの?って、ギスギスしているというか、陰謀渦巻く一癖も二癖もある人たちが繰り広げる人間関係に疲れてしまうことがありますが、ほとんど無いですね、この作品。
 それが売りのひとつっぽいのではありますが、主人公ジントとヒロイン・ラフィールが「銀英」に登場したら即効で暗殺されそうです…。
 皇帝の孫娘にあたる、自分の娘を占領した星の領主の息子に託してしまう、クリューヴ王のお父さん、剛毅ですねぇ。
 そんなある意味、不思議人間関係なストーリーに惹かれてのランクインです。

24位 トップをねらえ! 1&2

 1と2を順番に視聴しました。
 1は結構古い作品ですが、導入部分が「エースをねらえ!」や他の作品のパロディになっていたりしますが、話が進むにつれてシリアスな展開になって行きます。
 ウラシマ効果って最近ではポピュラーな概念になっていますが、アニメ作品で真っ向から取り上げたのはこれが最初なのでは?(確信は無いです)
 ラストシーンは只ただ感動!ですが、バスターマシン内の主観的な時間では数ヶ月単位?なのだろうけど、どうやって地球にたどり着くまでの時間を過ごしていたのか謎です。食料は?おトイレは??
 20年後に製作された2は、ノノの不思議ちゃん全開ぶりに最初唖然としましたがw、よく出来たストーリーに仕上がっていました。まさかノノ自身がバスターマシンとは思いもしなかったです。
 そして1のラストに繋がるこちらのラストも感動的でした。ノノは、ラルクはノリコに会えたのでしょうか?
 今更ながら、もっと上の順位にしても良かったかも、と思っている今日この頃…。

23位 xxxHOLiC

 画にチョット癖のある作品ですが、不思議世界でもあり、人の内面を抉るような鋭い部分もあり、ゆるやかに流れながら急に深みに引き込まれるような時もある油断ならない?ところがあります。
 いまこれを書いている時点でも、「継」は見始めていないので、総合的な評価は移動しそうです。

22位 乙女はお姉さまに恋してる

 これ入れようか、止めようか悩んだんですが、色物も入れなきゃ!ということでランクインですw。
 某ツタヤで100円レンタルの日に、「何か借りなきゃモッタイナイよね」ということで、特に深く考えずに借りた一品です(うちにはそんなのが山ほどあります)。
 原作が何なのかすら知らずに見始めたのですが、これがどうして、はまっちゃいました。しかしです、序盤と終盤の物語を抜きにすると、女装の男の子という設定じゃなくても、すんなりはまってしまうようなストーリーで、瑞穂ちゃんの性別を忘れて見てしまうことに…。
 最終的に誰とくっ付くとか無く終わってしまうのですが、それはそれで良いのかな?と思います。
 変にイヤラシク無く、ほわ~~~~~んと余り考えずに見れるので、心にやさしい一品です。

21位 もやしもん

 これは原作の方を先に読んでまして、それでアニメも見てみました。
 オープニングの実写合成の菌たちのCGが凄いですw
 私のお仕事にも少し関連があるので、為にもなります?
 原作の最初のほうのエピソード迄で終わっていますので、続きをぜひアニメで見たいところです。人間関係のストーリーとかアニメ化されていない部分で膨らんで来ますので。

今回はここまで、続きはまた明日!(たぶん)

20位~16位

« TOP25選考基準? | トップページ | 20位~16位 »

ニコニコ動画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 25位~21位:

« TOP25選考基準? | トップページ | 20位~16位 »